俳優ソ・ガンジュン、“ひとりで夕日を見に行ったりする”

사본 -201603042307775261_56d996e6b86fd0

俳優ソ・ガンジュンが、夕陽に対する特別な思いを現わした。
4日午後から放送されたSBSのバラエティプログラム「ジャングルの法則 in トンガ編」(以下「ジャングルの法則」)では、24回目の生存記でトンガで生活するビョンマン族の様子が描かれた。
この日ソ・ガンジュンは、夕陽を眺めて「夕陽を見ると悲しいです」と言った。
また、ソ・ガンジュンは、「本当にひとりでいつも漢江(ハンガン)に夕陽を見に行きます。青春の花のような感じです。苦しくても夕陽を見れば、すっきりします」と、夕陽に向けた愛情を示した。

2016.03.04

blank