ジェシカ、韓国での活動復帰秒読み…恋人とされるタイラー・クォンの会社と専属契約

ジェシカ、韓国での活動復帰秒読み…恋人とされるタイラー・クォンの会社と専属契約

韓国ガールズグループ「少女時代」出身のジェシカ(26)が韓国国内のエンターテインメント会社と専属契約を締結し、本活的な活動を知らせた。

ジェシカは最近Coridel Entertainmentと専属契約を締結、2015年9月に前所属事務所と専属契約が終了した後、いくつかの芸能事務所からのラブコールにも去就を決めず、ファッション事業に集中していたジェシカは今回の専属契約で本格的なソロ活動に乗り出すことがわかった。

特にCoridel Entertainmentは在米韓国人事業家で、ニューヨークに本社を置くCoridelグループのCEOであるタイラー・クォン氏が代表を務めている。ガールズグループ「Playback」が所属しており、ポップスターのジェフ・ベネットの韓国公演やアルバム事業権を持つクリアカンパニーを昨年、買収合併した。今回のジェシカの専属契約を皮切りに、本格的な韓国エンターテインメント事業進出を公式化した。

また今回ジェシカの専属契約と韓国のエンターテインメント事業の本格化を公式的に知らせたCoridel Entertainmentはこの他にも大物スターの獲得を控えていることがわかり、業界の注目を集めている。

Coridel Entertainmentは「すでに複数の海外市場と連結しているパートナーシップや業務ノウハウなどを韓国のエンターテインメント事業にも適用させて、今後、グローバル市場で影響力のあるエンターテインメント会社として成長していく計画だ。またジェシカの今後のソロ活動だけでなく、ファッション事業などに支援を惜しまず、ジェシカをはじめとする大物スターの獲得計画を立てているので、注目していただければと思う」と明かした。

なお、Coridel Entertainmentとの専属契約を知らせたジェシカはソロ活動を準備している。

WOW!korea提供

2016.02.29

blank