イ・ハイ、3月9日にハーフアルバム「Seoullight」リリース

image
歌手イ・ハイが3年ぶりにカムバックするニューアルバムの名前「Seoullight」が公開された。
YGエンターテインメント(以下、YG)は28日午後2時、公式ブログのYG LIFEを通じて、イ・ハイのティーザーを公開し、アルバム名「Seoullight」を公開した。「Seoullight」はソウルで暮らす人という意味で、最近ヒップホップシーンで流行している言葉。ソウルの光という多義的な意味を含んでいる。
特に、ティーザーポスターには、アルバム名「Seoullight」と共に、ハーフアルバムを先にリリースすると書かれている。先行公開曲やハーフアルバム先行発売の戦略を取るYGのプロモーションへの関心が大きくなっている。
これに先立ち、YGはブログに、「イ・ハイのカムバック 2016 03.09」と書かれたパネルを持っているパク・チニョン、ユ・ヒヨル、ヤン・ヒョンソクの写真をアップ。SBSのオーディション番組「K-POPスター」の審査員である3人は、この番組出身のイ・ハイのカムバックを全身で喜んでいる。
2013年3月にリリースした1stアルバム以来、3年ぶりのカムバックだ。2014年楽童ミュージシャンのイ・スヒョンとデュエットアルバムをリリースしたが、ソロ曲としては3年ぶりなので、ファンの期待が寄せられている。シングル形態なのか、アルバム形態なのかは、まだベールに包まれている。
歌手仲間の期待も高い。EPIK HIGHのTABLOはSNSで、「イ・ハイのアルバムはすごい。期待してほしい」と伝えている。
イ・ハイの新曲は来月9日に公開される。

2016.02.28

blank