iKON、大邱公演も大盛況「気分がいいし、感動している」

image

iKONが27日、大邱EXCOで単独コンサートを開催し、ソウルではなく地方のファンと初めて触れ合った。
1月30日と31日、ソウル・オリンピック公園体操競技場で、「iKONCERT 2016 SHOWTIME TOUR」の幕を開けたiKONは27日、大邱公演を通じて、ソウル公演を観覧できなかったファンと対面した。
オールスタンディングで行われた今回の公演で、iKONはウォームアップシングル「MY TYPE」「RHYTHM TA」、ハーフアルバムに収録された「APOLOGY」、1stアルバムの収録曲「DUMB&DUMBER」「WHAT'S WRONG?」などiKONならではのカラーが詰まった華やかなステージを披露した。
また、「WIN : WHO IS NEXT」「MIX & MATCH」などメンバーがデビュー前に出演したサバイバル番組で発表した「CLIMAX」「JUST ANOTHER BOY」「SINOSIJAK」などのステージも披露し、デビュー前からiKONを応援してきたファンを喜ばせた。
特に、番組では見られなかったメンバーたちの女装パロディーステージ、コンサートのために準備されたメンバーたちの茶目っ気たっぷりな姿を見ることができる映像も、会場を訪れたファンにまた違う見どころと楽しさを届けた。
熱いステージを繰り広げたiKONは大邱ファンとの触れ合いに感激し、「今、日本ツアー中だが、韓国公演を大邱で行うことになった。大邱ファンは噂通り、公演を本当に楽しんでくれているようだ。反応がとても熱いので気分がいいし、感動している」と感謝の気持ちを伝えた。
大邱公演を大盛況のうちに終えたiKONは来月5日、釜山BEXCOで公演を開催した後、12日と13日に千葉・幕張メッセイベントホール、15日には大阪・大阪城ホールで日本アリーナツアーを展開する。

2016.02.28

blank