WINNERナム・テヒョン、“ソロ曲「I’M YOUNG」は、慰労したくて作った曲”

201601301002770770_56ac0c243dd33

人気アイドルグループWINNERナム・テヒョンが、新しいミニアルバムで公開するソロ曲「I’M YOUNG」のミュージックビデオのメイキングフィルムが、公開された。
YGエンターテイメントは、30日午前10時に公式ブログ(http://www.yg-life.com/)とNAVER TVキャストで「『I’M YOUNG』M/V MAKING FILM」というタイトルとともに「I’M YOUNG」のミュージックビデオの現場のビハインドを公開した。

WINNERは先立って28日と29日にニューアルバムのダブルタイトル曲の「BABY BABY」と「SENTIMENTAL」のミュージックビデオのメイキングフィルムを続けて公開して、MVでの中破格的なキスシーンのビハインドや、メンバーが曲に対する説明と感じを伝えたり、ミュージックビデオの撮影方式などを紹介して注目を集めた。
このメーキングフィルムでナム・テヒョンは、「『I’M YOUNG』は率直な私の心を盛り込んだ曲です。いくら愛しても現実の前に挫折してしまうという内容で、誰かを慰めるために作った曲です」と曲について説明した。そして「このMVは、『BABY BABY』という曲のMVの最後の部分で、どこかに去って行くという部分とつながる内容です。去って行った所が、このカナダのモントリオールです。昔の恋人を忘れることができずに再び訪ねる様子、しかしそのぎこちなさとあまりにも変わってしまった現実と、その現実に苦痛を感じる様子を描きました」とミュージックビデオの内容についても言及した。

最後に、「パートナーの方ともたいへん息が合って、MVが繊細に美しく仕上がるだろうと期待しています。もしこの曲をきいて共感できたら、そんな素敵な記憶のひとつでも持っていると自負心を持っていただけたらと思います」と願いを仄めかした。
カナダのモントリオールの美しい冬を背景に撮影された「I’M YOUNG」のミュージックビデオで、金髪に変身したナム・テヒョンは恋人と愛をささやく破格的なベッドシーンと浴槽シーンなどを自然に表現して注目を集めている。ナム・テヒョンは、メンバーがいない状況でも現地のスタッフと英語で対話をしながら現場をリードしたという。

「I’M YOUNG」は、プロデューシングから作詞、作曲を自ら担当したナム・テヒョンが、自身の真実の愛に対する感情を真摯に表現した曲だ。
WINNERは、2月1日の0時にダブルタイトル曲「BABY BABY」と「SENTIMENTAL」、ナム・テヒョンのソロ曲「I’M YOUNG」を含むミニアルバム「EXIT:E」を発表する。また公開1時間前の31日午後11時にNAVER Vアプリのカウントダウンライブ「EXIT AWARDS」でファンと対面する予定だ。

2016.01.30

blank