俳優パク・ヘジン、ソ・ガンジュン、ナム・ジュヒョク、この中に理想のタイプが必ずいる!

ty

「チーズ・イン・ザ・トラップ」が、視聴者の選択を困難に落とし入れている。
最近、人気の中に放送中のtvNの月火ドラマ「チーズ・イン・ザ・トラップ」の3人の男優パク・ヘジン(ユジョン役)、ソ・ガンジュン(ペク・インホ役)、ナム・ジュヒョク(クォン・ウンテク役)が、誰かひとりを選択することができない各自の魅力と個性で女心を搖るがしている。特に、マンガから飛び出したような彼らのドラマをネットユーザーは、「イケメン・イン・ザ・トラップ」と呼ぶほどだ。

まず、甘い微笑の裏に隠れた冷ややかな二面性でテレビ劇場を掌握しているユジョン(パク・ヘジン)は、本当にだまされそうな魅力で視聴者を翻弄している。何か目的を持って自分に近付く人には、限りなく冷ややかで、どんな事も表に出ないで静かに解決するが、ガールフレンドホンソル(キム・ゴウン)の前では180度違う。優しい眼差しに胸キュンのスキンシップまで躊躇しない彼の魅力は、毎回女心をとらえている。

そして、いつでもどこでもぶつぶつ文句を言うが、実は誰より温かい心を持ったペク・インホ(ソ・ガンジュン)は、視聴者の保護本能を起こして大きな反応を得ている。特に、独特なロマンスの眼差しは、視聴者をドラマに引き込みキャラクターの魅力を倍加させているという評価だ。一貫して関心のない振りをするが、ホンソルが危なかったりたいへんなときにいつでも現われて慰労し助けながら見る人々をときめかせている。

最後に、すべてのお姉さんの心を動かす年下の男ウンテク(ナム・ジュヒョク)が、長身に温かいビジュアル、突拍子もなくてキュートなのに男らしい魅力もあり、見る人を微笑ませる。特に、同じ科で年上のボラ(パク・ミンジ)だけを見つめる一途な心は、ふたりがうまくいってほしいというファンまで増えている。そのためウンテクは、大韓民国の年上の女性に続きボラも捕らえることができるかに関心が集められている。

このように、細かく見ればもっと趣があり、長く見るほどもっとキュートな「チーズ・イン・ザ・トラップ」の男優は、回を増すほどにいっそう多様で深い魅力をアピールして、今後の活躍が注目される。

2016.01.24

blank