「インタビュー②」チャン・グンソク、“「第2のアジアのプリンス」の条件は、義理?”

201601080904773754_568efe361f7dd

いつのまにかデビュー25周年だ。1992年にカタログのモデルで大衆にその存在をアピールした幼い少年は、多くの後輩たちが仰ぎ見る大先輩に育っていた。特に自身の名前で財団を設立したり、ガールズグループの育成プログラム「プロデュース101」に合流して、後輩の養成に対する抱負を明らかにして注目を集めている。

Q. 今年、数え年で30歳ですが、20代の時と変わったことと、変わりたいことは、なんですか?
もう、小遣いをもらわず僕が全てします。今まで両親がきちんと管理してくれたので、最後まできちんと管理してもらって、僕は僕なりに男の道を行きます。家にある時計を売って事業のアイテムを作らなければいけません(笑)。
変わりたいことは、韓国のエンターテイメント市場で歌もできて演技もできて、公演もできる本当の万能エンターテイメント会社と万能エンターテイナーの後輩を養成したいです。後輩が後で成功して『先輩、ありがとうございます。これから王様になってください』と言うようになればどんなに良いだろうと思ったりします。感慨無量でしょう。『プロデューサー101』が、いい例です。練習生101人をトレーニングして、後で「MAMA」に出演して僕が育てた子を激励できたらどんなにうれしいでしょうか。

Q. 本人が思う「第2のアジアのプリンス」の条件は何ですか。
まず、うちの会社に入らないと。一応僕の信頼を得ないといけないですね。投資する価値がある宝石なら充分に支援をするつもりです。僕が今度、財団と同時に後輩を養成することができるトレーニングセンターを建てたいと思っています。(外的な条件はどうですか)とても細かいですね。僕はただ人を一番重要に考えます。男女は問いません。

Q. 前作の「キレイな男」で共演したIUが活発に活動中ですね。
とてもステキですね。一生懸命活動をしてそれぞれ自分の分野で最善をつくしていますが、実は電話番号も知りません(笑)。僕は元々女優も男優もそうですが、ドラマをする時はキャラクターに没頭するために私的な付き合いはしないようにしています。本当にその人のことを知りたいと思えばしっかり見ますが、ドラマのスケジュールがあまりにも詰まっていて私的な時間を持つ時間もなかったです。シナリオも遅く出来てきたので、撮影に必死で余裕がなかったです。

Q. もう韓流スターの元祖クラスですが、後輩を見るときには何を感じますか。
率直に、後輩が何を考えて活動しているのか分からないこともあります。韓国人だという自負心を持って、文化コンテンツを輸出する民間外交官という考えを持って仕事をするのか、それともただ単に歌を歌って公演をするのが好きだからなのか、そうじゃなければお金のためなのか。しっかりとした目的と理由がなければいけないでしょう。

Q. 特別に目につく後輩がいますか。
ジョン・ヨンファ(CNBLUE)です。昨日も6年ぶりに「イケメンですね」チームの会食があったんです。助演俳優までみんな集まりました。ヨンファは本当に堅実です。黙々と自分がしたい音楽をしながら作曲もします。僕がお酒を飲もうと言っても出てこないです。携帯電話も見ないですね。ずっと後になって、「申し訳ありません。遅くなって」と返事が来るので、「いや、大丈夫だ。ずっと忙しくがんばれ」と言います。そうやって良い曲を作ってかっこいい公演もして、真のロッカーになってくれたらいいと思います。

2016.01.08

blank