岐路に立つKARA、何が最善の選択なのか

image

人気ガールズグループKARAの最善の選択はなんだろうか。元々のメンバーであるパク・ギュリとハン・スンヨン、ク・ハラが所属事務所DSPメディアとの契約満了の時期を控えて悩んでいる。再契約をしてチームを続けるか、でなければ事務所を移して各自の活動を始めるか。

KARAは今までチームとして愛され、個別的にも活発な活動を広げながら可能性をテストしてきた。ソロデビューはもちろん、各種バラエティ、ドラマと映画を通じて演技者としても活動してきた。そのため彼女らがどんな選択をするのか、大衆はもちろん業界関係者たちの関心が集められている。

最近歌謡関係者たちによれば、3人とDSPメディアとの契約期間の満了が差し迫った。2013年10月に再契約して2年余りなのに、他の大手企画会社からメンバー個人にスカウトがきているという。

慎重な選択が迫られている状況だ。他の企画会社に移る場合、イベント性ではない以上「KARA」というチームで活動するのは現実的に難しい。これは解体を意味する。選択は2種類だ。再契約を通じてチームをそのまま維持するか、でなければDSPを離れてソロ活動をするかだ。

2種類の道の短所が明らかで選択は容易ではないものと見られる。最近停滞してはいたが、今まで積み重ねたキャリアと認知度が高く、相変らず恐ろしい力を見せることができるチームだ。ソロ活動をしてもこのような強固な垣根の中での活動と「KARA」という所属感を喪失したまま展開するソロ活動でははっきりとした違いがある。今までソロ活動を活発に広げることができたのも「KARA」としての認知度のおかげではなかっただろうか。

だが、もう少し自由に活動ができるようになるのは確かだ。自身について回る「KARA」という名前を無くしたら、本人だけのカラーを作ることが容易にできる。特に3人全部が演技とバラエティに関心を見せている状況なので、これはかなり重要な要素だ。チームのカラーを消して自分だけのキャラクターを持つということは長期的に見た時に、有利である。

もし再契約が不発になるならば、契約期間が残っているホ・ヨンジの位置が曖昧になる。サバイバルを通じて苦労してKARAに合流してから、各種バラエティを通じて猛活躍しながら認知度を一気に引き上げたが、ソロとしてどれくらい活動できるか未知数だ。

KARAの契約問題についてDSPメディアは最大限言及を惜しみ、用心深い反応を見せている。契約期間が残っている状況でまだ決定された事が何もないためだ。1月末ぐらいになれば3人の動向があらわれるだろうというのが業界の分析だ。DSPメディアでも「KARA」が持つ象徴的な意味が格別なので、どんな結果が出ることになるのか成り行きが注目される。

2016.01.02

blank