「イベントレポ」CROSS GENE、感動の韓国初ライブ公演大成功!

사본 -article

人気アイドルグループCROSS GENEが、今年年末の初ライブ公演でファンに忘れることができない特別なプレゼントをした。
CROSS GENEは、23日にソウルにある弘益(ホンイク)大学でミニライブコンサート「BE HAPPY TOGETHER ~X’mas Eve Eve Night~」を開催した。韓国を含む日本、台湾などから集まったファンでいっぱいになったコンサート会場でCROSS GENEは、「Shooting star」でステージの幕を開けて、オープンから雰囲気を熱く燃やした。
CROSS GENEのメンバーは、久しぶりにファンと身近で会うというときめくような思いであいさつをした。中国人メンバーキャスパーは、「とても韓国語で話したかったです」とずっと上達した韓国語の実力であいさつして視線を集めた。

0

公演では、メンバーのソロステージもあった。タクヤは「最高の愛」に合わせて甘いピアノ演奏を公開し、セヨンは熱唱したあと「今日、僕の家で運動して行く?」というコメントでファンをときめかせた。ヨンソクは、ミュージカルの経験をいかしたステージで自身の技量をアピールした。
シンは、「良かった」を選曲して真摯な魅力をアピールし、キャスパーは「今日は行かないで」を感情を込めて歌って意外なボーカルの実力をアピールした。最後にサンミンは「クリスマスには何をする?」という自作曲をセヨンと一緒に公開してばらの花をファンにプレゼントした。

article (1)

これ以外にもCROSS GENEは、「La-Di Da-Di」、「Amazing-Bad Lady-」、「Holiday」、 「僕と遊ぼう」など代表曲をライブで公開したのに続き「CROSS GENEのデビューからの回想」というコンセプトで時間をさかのぼる映像を公開してファンと一緒に過去の活動の思い出を共有した。
公演の終盤には、ボーナス映像で女装した姿をサプライズで公開して爆発的な観客の反応を導き出し、ニューアルバムに収録された新曲をこっそり公開して来年初めのカムバックを予告した。
公演を終えたCROSS GENEは、「僕らがプレゼントを差し上げたのではなくて、ファンにクリスマスプレゼントをもらった気分です。韓国での初のライブは感動でした。ファンの皆さんと大事な思い出が共にできて幸せでした」と語った。

2015.12.28

blank