『ベルリンファイル』公開記念特別講義 @渋谷・映画美学校1F教室! 

 

6月17日(月)は、渋谷・映画美学校にて、司会進行篠崎誠監督 ,特別講師リュ・スンワン監督が映画製作や俳優を志す生徒を前に約1時間にわたって特別講義を実施。

まず、司会を務めた篠崎誠監督から、映画監督になった経緯を質問されると「父と叔父が映画好きで、映画館によく連れて行ってもらい、特に香港の武術映画が大好きな子供だった。

 

その後漠然と映画を作りたいと思っていたが、学校の成績も悪く、大学受験は落ちてしまったので、働きながらフィルムワークショップに通い始め、そこで現在の妻や、師匠でもあるパク・チャヌク監督と出会った」と語り、「自分はデビューまでに11本のシナリオを描いたが、コンペには一本もひっかからず、でも諦められずに他の監督から余ったフィルムをもらって、カメラを無断拝借して短編を撮影し、それが運よく映画祭で賞をもらうことになった」といった当時の苦労話を話し、 また、「良い映画をなるべくたくさんみようと、映画誌に投稿していたパク・チャヌク監督の映画評を読むことで映画を観る目を養い、またパク監督に勧められて観た鈴木清順監督が大好きで、『東京流れ者』は自身のコメディー映画のお手本にもなった」というエピソードも披露した。

 

そして、『ベルリンファイル』を試写で鑑賞している生徒たちからも質問が相次ぎ、「ベルリンがあるドイツは冷戦時代を象徴する場所であり、また全世界的に見ても、一番大きな北朝鮮大使館があることなど、ベルリンという都市がもつ象徴的な意味が私にとって大きかった」と舞台をベルリンにした理由を語ったリュ・スンワン監督。

 

この巧妙で複雑なストーリーをどうやって作りだしたのか、という質問には、当時を思い出し苦笑いも浮かべつつ「作った当時のすべて思い出したくないほど大変な作業だった。シノプシスには1年くらい費やし、第三国で南北の人物が出会うためには、どういう事件を背景にすればよいのか取材を重ねた」といい、「事件の構造を最初に作るのではなく、私がこの映画で必要とする人物のタイプを数人作って、その人物がどんな行動をとるか、どのように人物同士が衝突し、別れていくかを整理して考えていった。」とシナリオ作りの極意を披露、絶賛されているアクションシーンについても「アクションを展開するにあたっては、どんな人物かによって戦い方違うため、人物把握が非常に大切で、この空間で、この人物がアクションすることが自然なことか念入りに考える。

 

でも、実際にロケハンに行ってみると印象が違うこともよくあるので、ロケハンには、美術監督、アクション監督を一緒に連れて行って、アクション場所をみて検討し、最終シナリオにその時に見た印象を反映するようにしている」といったこだわりまで、一つ一つの質問に非常に丁寧に答える姿が印象的だった。 最後に、「現在韓国で映画をとろうとしている世代は、作りたい映画があるから映画監督になるのではなく、監督になるために映画を撮る、という風になってきている気がする。映画を作ることは、法則などなく、これが成功、これは失敗といった基準はない、望む映画がとれた瞬間が、偉大であり成功した瞬間です」と生徒たちにエールを贈った。

 

監督・脚本:リュ・スンワン(『生き残るための3つの取引』)

武術監督:チョン・ドゥホン(『G.I.ジョー バック2リベンジ』)
出演:ハ・ジョンウ(『チェイサー』)/ハン・ソッキュ(『シュリ』)/チョン・ジヒョン(『猟奇的な彼女』)/リュ・スンボム(『クライング・フィスト』)

配給:CJEntertainment Japan   ©2013 CJ E&M Corporation, All Rights Reserved  公式HP berlinfile.jp

 


『ベルリンファイル』
■公開表記:7月13日(土)新宿ピカデリー、丸の内ピカデリーほか全国ロードショー
■配給:CJ Entertainment Japan
■クレジット:(C) 2013 CJ E&M Corporation, All Rights Reserved

 

2013.06.22

blank