PSY「イ・スンギの入隊前最後の曲を作曲したい」

イ・スンギ (1)

歌手PSYが後輩歌手イ・スンギへの格別な愛情を示した。
26日夜11時58分、ソウル・オリンピック公園体操競技場では、PSYの年末コンサート「オールナイトスタンド2015-公演の神PSY」のファイナル公演が行われた。
この日、デビュー曲「俺の女だから」を歌い、ステージに登場したイ・スンギは「3年連続、最も遅い時間帯の公演ゲストとして登場したイ・スンギです。高校のときももらえなかった皆勤賞をもらえるほど、このようにコンスタントに出席するかわいい弟がどこにいますか?」と冗談を飛ばし、自画自賛した。
ゲストとして珍しく、アンコールを受けたイ・スンギは「旅に出よう」に続き、もう1曲を歌った後、ステージを後にした。
PSYは「イ・スンギは僕がデビューをさせたが、来年入隊を控えている。結者解之の気持ちで、最後の曲も僕が作曲するので、決心がついたら言ってくれと話した」と明かし、ファンの期待を高めた。
PSYは2004年にリリースされたイ・スンギの1stアルバム「蛾の夢」のプロデュースを手掛け、話題となった。

2015.12.27

blank