俳優ユ・スンホ、パク・ポゴム、イ・ヒョヌ、もう国民の弟ではない男優!

201512221136772195_5678b758d2811

23歳。93年生まれのスターは、これ以上「国民の弟」という修飾語が申し訳ないほどだ。もう、多くの女性の心を魅了する名実共に「男優」に成長した彼らだ。
現在放送中のtvNドラマ「回答しなさい 1988」で、天才囲碁少年役を演じているパク・ポゴムについて語らざるを得ない。彼は最近、一番忙しい日々を過ごしている。ドラマの撮影はもちろんKBS2の音楽放送「ミュージックバンク」のMCでも活躍して女性ファンの高い関心と愛を受けている。

パク・ポゴムが注目を集め始めたのは、去年放送された週末ドラマ「本当に良い時代」からだ。当時イ・ソジンが演じたカン・ドンソクの幼少時代を演じたが、年に似合わない演技を展開して集中度を高めたと好評を得た。
そしてドラマ「明日もカンタービレ」でジュリアード出身のセリストを演じ、「君を憶えてる」では20代の弁護士を演じた。
おない年のイ・ヒョヌも23歳とは思えない豊かな感性の演技を披露して次世代の男優の人材として認められている。守ってあげたいようなか弱そうな外見とは違い、スクリーンでは自分とは全く違った役目を完璧にこなす演技力を備えた。

映画「シークレットミッション」、「技術者たち」、 「延坪(ヨンピョン)海戦」、「ビューティー・インサイド」と、出演する作品ごとに他の俳優と絶妙のコンビで作品を興行に導くのに少なくない役目を果たした。多様なキャラクターを深みのある演技で表現している。児童ドラマ「花郎(ファラン)戦士 マル」で芸能界への第一歩を踏み出して、いつのまにか9年になる。大人の俳優に成長しにくい子役俳優という悪條件の中、自身の立地を確実に押し堅めている。

早めに軍隊に行って来るのが俳優人生のために望ましいという結論を下して、軍入隊を終えた子役俳優出身のユ・スンホも注目を集めている。いつのまにか男の中の男に成長して多くの女性の心をときめかせている。
彼は、テレビ劇場の復帰作でMBCevery1のドラマ「想像猫」を選択し、3年ぶりに帰って来て視聴者を喜ばせた。就業と結婚などで困難な時代を過ごしている20代の青春を慰めるウェブ漫画家の役で存在感を発揮している。

また、年上の女優パク・ミニョンと共演するSBSドラマ「リメンバー」で父親の無罪を証明しようとする弁護士役を演じている。除隊後、主演の席を占めてすぐれた演技を見せている。大人の演技者に確かに変身したユ・スンホは、父親に対する深い愛で孤軍奮闘を期待させている。
人気スターに浮上した93年生まれのパク・ポゴム、イ・ヒョヌ、ユ・スンホが芸能界をリードする期待の主だ。

2015.12.23

blank