「取材レポ」チュウォン、ポニーキャニオン「WE LOVE K感謝祭」最新作ドラマ「グッド・ドクター」上映会にサプライズで登場!


 

 DSC_7853

「ラブレイン」、「オレのことスキでしょ♥」、「朱蒙」など、これまで多くの韓国ドラマに携わってきたポニーキャニオンが、韓流10周年の記念と韓国ドラマファンへの感謝の気持ちを込めて、1月10日(金)、11日(土)の2日間に渡り、「ポニーキャニオン韓国ドラマプロジェクト WE LOVE Kメルマガ会員」対象の無料イベント「WE LOVE K感謝祭」を開催した。

DSC_7863

会場では、「ラブレイン」「その冬、風が吹く」などの作品で実際に使われた衣装やパネルの展示が行われ、ポニーキャニオン韓流関連アイテム購入者を対象に、俳優の直筆サイン入りアイテムなどが当たるプレゼント抽選会も開催。また、11 日(土)のみ、新作ドラマ「グッド・ドクター」と「お金の化身」の第 1 話特別上映や、「ラブレイン」「オレのことスキでしょ♥」のプレゼント抽選会付メイキング映像上映会が行われた。

 DSC_7714

12時から開催された1回目最新作ドラマ「グッド・ドクター」上映会直前に突然ドアをノックする音がすると、会場のファンの前に主演を果たした人気俳優チュウォンがなんとサプライズで登場!

白いセーターの上にロングコート姿のチュウォンが現れると、会場からは悲鳴にも似た歓声が。「今日は日本でファンミーティングがあるのでこちらにもゲストとして来ちゃいました(笑)」と少し照れくさそうに笑顔であいさつし、ファンを驚かせた。突然の夢のような出来事にファンも驚きを隠せず会場は大興奮となった。

 DSC_7738

Q:日本に来ていかがですか?

「韓国はほんとに寒いんですが日本はいいですね。昨日は原宿を2時間ぐらいぶらぶらとしました。ショッピングはしなかったのですが、たい焼きを食べました。本当は有名なポップコーンがあると聞いたのですが、行列がすごくて残念ながら食べられませんでした」と答え笑いを誘った。

 DSC_7747

Q:最新作ドラマ「グッド・ドクター」はどのようなドラマですか?

「韓国では初めてのヒーリングドラマで、小児科を扱っています。医学ドラマという難しい印象よりも、小児科に通う子供たちの温かい絆を描いているのでそこに注目していただきたいなと思います。自閉症でもある主人公パク・ シオンは子供の心を持った大人で、子供の頃に持っていた感情というのは成長すると忘れていってしまうけれど、もう一度引き出して思い起こしてくれるようなそんなドラマです。自閉症の人を描いていますが、恋愛もしますし、とにかく温かいドラマなので注目してください」とPRした。

 DSC_7852

Q:主人公パク・ シオンをどのように演じられましたか?

「天才的な頭脳を持った自閉症の医者の役で、医学ドラマ自体が難しかったのですが、用語も難しいですし、手術シーンも複雑ですし、でもいちばん難しかったのはシオンの言葉遣いでした。自閉症で医者だということがさらに難しく、普通は自閉症の医者に患者さんは預けられないですが、それでも預けたいというほどの素晴らしい医者だったので、どのくらいの重症度の医者だったかという線引きが難しかったのではないかなと感じています」

 DSC_7854

Q:ドラマの見どころは?

「まず子供たちがとても可愛いです。そしてシオンの恋愛も可愛いです。とにかく正直な恋愛です。計算しない恋愛を可愛く描いていますので、みなさんの心にグッと来ると思います」と見所を笑顔で伝えた。

 

最後に上映会に来てくださって感謝していますとお礼を述べ、個人的に願うことは以前放送されたドラマ「製パン王キム・タック」の声優さんが素晴らしかったので、「グッド・ドクター」でも声優さんにパク・シオンらしく吹き替えをして欲しいとお願いし、たくさんの方に観ていただいて、たくさんの温かさをこのドラマから受け取ってほしいとメッセージを残した。

最後に手を振りながら「ありがとうございました」と日本語であいさつをして名残惜しそうに会場を後にした。

DSC_7928

参加したファンにとっては最高のお年玉プレゼントとなったことだろう。

DSC_7690

その後開催されたトークイベントは各回30組60名のファンを招待し、ゲストには韓国語通訳者の嵯峨山みな子氏や韓国エンタテインメントライターの安部裕子氏・高橋尚子氏に加え、ドラマ「武神」ほか多数の映画・ドラマの吹替版に携わっている声優の青木強氏と日本語版演出の壺井正氏ら豪華ゲストが登壇。韓国ドラマ業界の普段聞けない裏話やエピソードなどを公開し、ドラマファンにとって最高の時間を楽しんだ。

 

最新作ドラマ「グッド・ドクター」はチュウォン扮するサヴァン症候群で自閉症でもある主人公パク・ シオンが世の中の偏見を克服し、小児外科専門医へと成長していく過程を描くヒューマンメディカルドラマで、最高視聴率21.5%を記録、韓国地上波の月・火ドラマで視聴率1位を獲得した超話題作。

 

10日の「WE LOVE K感謝祭」の模様はこちら>>>

 

■ポニーキャニオン韓流情報サイトWE LOVE K

http://www.welovek.jp/

 

■チュウォン ジャパンオフィシャルファンクラブ 

http://www.joowon508.jp/

 

2014.01.12

blank