防弾少年団、“新曲「RUN」は青春の失敗に対する慰労”

201511271846776743_5658269f3c241

人気アイドルグループ防弾少年団が、新曲「RUN」について「青春の失敗に対する慰労です」と言った。

防弾少年団は、27日の午後、ソウルのオリンピック公園SKハンドボール競技場で単独コンサート「2015 BTS LIVE 花様年華 on stage」の開催記念の記者会見を行った。

この日、RAP MONSTERはニューアルバムについて「僕らがデビューの時から言ってきたように学校3部作が終わったので、次は青春2部作です。『花様年華』のパート2と青春2部作の完結編のアルバムになると思います。このごろの青年たちはいろいろ大変なことが多いですが、そんな部分を前のパート1で表現しました」とくちを切った。

 

そして「パート2では、もうちょっと積極的に走りぬけて行こうと思います。人は年を取ったり過ちをおかしたり、失敗をすることもあるのに、そのことに対して社会的にもとても敏感な雰囲気です。一度失敗すると落伍者になるような雰囲気があるので、僕らなりの方法で慰労して差し上げたかったです。中途半端な慰労ではなくて、僕らが音楽をするグループなので僕らなりの方法で慰労したかったです。その象徴が『花様年華』と『RUN』です。走れば倒れることもあるし、けがをすることもあるという意味です」と説明した。

 

また、「今回のアルバムで特別なのは、ボーカルラインだったVとジョングクがタイトル曲の作詞作曲をを部分的に手伝いました。僕らの魂が込められていないだろうかと思います。とても期待してます」と付け加えた。

防弾少年団は、2015年1年、大きな愛を送ってくれたファンのためにこのアルバムの初舞台をコンサートで公開しようと決定した。「花様年華」シリーズを総網羅するこのコンサートは、防弾少年団特有の強烈なパフォーマンスと7人組みのフルバンドの構成で成り立つ。今回のコンサートでは、発売を前にした新曲のステージを初公開する。

 

防弾少年団は、30日にミニアルバム「花様年華 pt.3」を発表する。このアルバムは、先行予約だけで15万枚を越えるという熱い人気をあつめている。疾走する青春のエネルギーを歌ったタイトル曲「RUN」は、ティーザー映像で公開されたバラードバージョンではない原曲バージョンを収録すとして期待を高めている。

2015.11.28

blank