女優キム・オクビン、「第9回すばらしい短編映画祭」審査委員に

キム・オクビン韓国女優キム・オクビンが、「第9回すばらしい短編映画祭」の審査委員に任命された。

来る10日に開幕する「すばらしい短編映画祭」には、キム・オクビンと映画祭作会社ミョンフィルムのシム・ジェミョン代表、映画専門雑誌「シネ21」のチュ・ソンチョル編集長が審査委員として参加する。

これを前に、キム・オクビンはホラー映画「女子高怪談」をはじめ「コウモリ(邦題:渇き)」や「女優たち」、「多細胞少女」などに出演し、作品ごとに変身した姿を披露しながら、独自の存在感を確立。韓国映画界の愛される女優として地位を築いた。

今回の映画祭を通して、初めて審査委員となるキム・オクビンは、責任を感じながらも、一方で様々な作品に出合えるという思いに心をときめかせている、と伝えられた。

一方、「第9回すばらしい短編映画祭」は来る10日に開幕式をおこない、その後1週間の日程で作品が上映される。

WOW!korea提供

2015.09.03

blank