「取材レポ」いたずらっ子の宇宙少年コナン!?ユン・サンヒョン ライブで新曲初披露!

 

 IMG_3632

「お嬢様をお願い!」「シークレット・ガーデン」などで韓国はもちろん日本でも人気の俳優ユン・サンヒョンが「2013年ユン・サンヒョン Acoustic Live ”少年”」を12月12日(木)東京台場・Zepp Tokyoにて開催。

俳優デビュー前に歌手を目指していたこともあり、その歌唱力には定評のあるユン・サンヒョン。日本でも2010年からCDを発売するなど歌手としても活躍している。特に今回は全曲をバンドの生演奏で披露。アコースティックサウンドで歌手ユン・サンヒョンの魅力がさらに引き立つステージで2013年の最後を飾った。

 IMG_3444

スクリーンにタイトル文字が映し出された。そして、ユン・サンヒョンの軍隊時代、学生時代、少年時代と写真で遡り、最後には赤ちゃんのときの写真が現れた。映像が終わると同時に登場したユン・サンヒョンは、ドラマ「シークレット・ガーデン」オリジナル・サウンドトラック(以下OST)から「涙の跡」、そしてドラマ「お嬢様をお願い!」のOSTから「ロマンス」の2曲をハリとツヤのある歌声で切なく熱唱し、一気にファンの心を掴んでスタート。

 IMG_3279

「アンニョンハセヨ?久しぶりです。風邪をひいていませんか?僕も風邪をひいたら歌えないので(健康)管理をしっかりしています」と、あいさつ。そして休まず走り続けてきた中で、ある瞬間自分の根本を探し始めるようになり、少年の頃の純粋な心を忘れずに持ち続けなければいけないと思うようになったことなど“少年“のタイトルについての思いを率直に語った。

 

「みなさんも少女の心で楽しんでください」と3曲目に、「僕が一番好きな曲でみなさんも一番愛してくださった曲」と、日本デビュー曲の「最後の雨」を会場に響き渡る透明感溢れる歌声で甘くも強い優しさを充分に詰め込んで歌い上げた。

 

引き続きユン・サンヒョンが「今、映画を撮っています。家族に関する映画で、スリルもあります。韓国日本同時開封されるので、ぜひ観てくださいね」と次回作を紹介すると、客席から大きな拍手と「題名は?」との声が上がり、「タイトルは『トクス里の5兄弟』といいますが、アクションものではなく、トクス里という町で生まれた5人の兄弟のお話です。たくさんの方に見ていただきたいですね。」と付け加え、4曲目に大人っぽく小粋な曲「Find a paradise」をあくまでもおしゃれにセクシーな振り付けで聴かせると、ファンは歓声と拍手で応えた。

 IMG_3670

次に5曲目「夏のトランク」は、イントロとサビの部分をユン・サンヒョンとファンが一緒に歌う趣向で歌詞の夏を冬に替えて練習することに。会場をA~Dに分けてアコースティックギターの伴奏で練習が始まり、最後はドラムなども加わって全体としてはぶっつけ本番で「冬のトランク」 に突入。会場は一気に盛り上がりを見せ、ユン・サンヒョンの粋な演出でファンとの一体感を増幅させた。その勢いに乗って ルル姫のOSTから「愛してた」を韓国語でパワフルに披露した後、「これが私が公演で初めて歌った曲です。あまり知らないと思いますが、知っていますか?」と問いかけると、会場から「知っている」との反応を歓声とともに受けたユン・サンヒョンは、うれしそうに日本語で「ありがとうございます」とお礼の一言を添えた。

 

少年時代についてユン・サンヒョンは、チャンナンクロギ(=いたずらっ子 )で山や川へ行ったりして遊ぶのがとても好きだったことなどを話し、好きだった「未来少年コナン」にいたっては、一番記憶に残っている場面も紹介。コナンを見ながら描いた本人の未来像について語り笑いを誘うなど、和やかな雰囲気を演出し「お嬢様をお願い!」OSTから「愛はどうすることもできない」は韓国語で、そして壮大な世界観を持つ感動的な 「この広い世界に」を高音の伸びも余裕で声量たっぷりに熱く歌いきって、ファンからの熱い拍手を受けた。

 0H5A2579

次の話題は小学生時代へ。「音楽の時間が好きでした」と語り始めたユン・サンヒョンは、音楽の時間に聴いたピアノの音や合唱が好きで、音楽が好きな両親とともに過ごした幼い頃のことを話しながら、「自分が結婚したら同じように子供と音楽を楽しみたい」と考えていることを少し照れくさそうに話すと、会場は敏感に反応。ファンの関心がステージに寄せられた。そこで、結婚する時にはファンを呼んでタイトルを“結婚”とし、コンサート形式の結婚式をしたいと明かし、客席から一段と高い黄色い歓声と拍手が送られた。

 

役名からテボン(テジュン)シンドロームと呼ばれるなど、多くの人気を集めた韓国MBCドラマ「僕の妻はスーパーウーマン(原題:内助の女王)」で歌って爆発的ヒットを飛ばし日本デビューのファーストシングル収録曲 ともなった「Never Ending Story」を9曲目にセレクト。愛する人を守りきれなかった愛惜を感情たっぷりに歌い、10曲目は2ndシングル “ドラマよりドラマチック”なラブソング「誓い」とつないだ。

短いトークをはさんで今までの曲とは違った仕上がりでファン待望の同日発売アルバム「少年」から「U-Turn」を初披露。

またスクリーンでは、10月末から11月にかけてキューバ・ハバナ国際博覧会の韓国館広報大使として公式訪問した際の様子が映し出された。その間に衣装替えをしたユン・サンヒョンが再び登場。「Precious」 「二人の夏物語 -Never ending summe-」と2曲続けた後、映像で流れたキューバ訪問時の感想などを語った。

次に「365日(原曲:Mr.children)」を歌い終えたユン・サンヒョンは数ヶ月前に他界した日本のマネージャーに捧げる「だから憶えている(原曲:中西保志)」を熱唱し、ファンとともに心の痛みを分かち合った。そしてユン・サンヒョンと心を重ねたひと時にファンは大きな拍手を送った。

 

「もうすぐ、クリスマスですね」とユン・サンヒョンは話題を変え、16曲目の「Christmas Eve クリスマス・イブ(原曲:山下達郎)」、続けて17曲目「悲しみにさよなら」を甘く歌った。

その後、クリスマスの話題や、前日にホテルで堺雅人のドラマを見て 「君の声が聞こえる(韓国SBSドラマ)」の時の(自分の)髪型と一緒でびっくりしたことなど、トークの花を咲かせた。会場とのやり取りも笑いとともに和やかに進み、脱線ぎみになる一幕も。

 

飛びに飛んだ話を収拾するように「悲しみのためじゃない(原曲:中西保志)」「擬態(原曲:Mr.children)」を続けて歌ってバンドの紹介をし、一番人気のラスト曲「涙(原曲:Flower)」を熱唱して一旦終了。

 0H5A2321

手拍子とアンコールの掛け声が鳴り止まぬ会場に衣装を替えたユン・サンヒョンが姿を現すと、客席は大きな拍手と歓声で迎えた。

ドラマ「シークレット・ガーデン」OSTから「Liar」と「明日」で熱いアンコールに応えたユン・サンヒョンはこの日、一曲一曲に心を込めて全22曲を歌いきった。

2013年の最後を胸の奥に大切にしまっておいた宝箱を紐解くように幼い頃の自分を明かしながら、ファンの胸に温かい心の贈り物を一足早いクリスマスプレゼントとして届けてステージの幕を閉じた。

この後、14日(土)には大阪NHK大阪ホールでも開催された。

 

 取材:Korepo(KOREAREPORT INC)

 

■韓国100%エンターテインメントチャンネル 放送情報

  タイトル「2013年ユン・サンヒョン Acoustic Live ”少年”」

  2013年 Mnet Japan制作 / 60分 /  Mnet Japan 独占放送

  本放送: 本放送:2014年2月9日(日)午後11:00~深夜0:00

  再放送:2014年2月10日(月)深夜1:30~2:30、2014年2月15日(土)午後2:30~3:30

Mnetでは、ユン・サンヒョンの魅力たっぷりのコンサートの模様をバックステージでの素顔と共にお届けします。

アコースティックだからこそ引き立つ歌手ユン・サンヒョンの歌声を堪能してください。

 

■ユン・サンヒョン公式ホームページ: http://www.yoonsanghyun.jp/

 

 

2013.12.17

blank