数字で見るBIGBANGの4ヶ月 “1時間・1億・22個”

201508290039775804_55e083a5a236f2015年5月MADE SERIESが初めて大衆の前に出てからBIGBANG(G-DRAGON、T.O.P、SOL、D-LITE、V.I)はこの4ヶ月の間勢いに乗って疾走してきた。

音源チャート1位だけでなく放送出演が少なかったにもかかわらず、数多くの音楽放送で1位をおさめアイドルを越えた人気を実感するようだった。

BIGBANGのこの4ヶ月は驚異的な記録でいっぱいだ。音源チャート1位から音楽放送1位、YouTube照会数までBIGBANGが4ヶ月間を通じて出した記録を整理してみた。

 

◆ 5月:3年ぶりのカムバック、1時間で「全制覇」

5月1日出てきたMADE SERIESの一番目のアルバム「M」は発表と同時に1位にランクされ、3年前ミニアルバム「ALIVE」以後新曲に飢えていたファンたちの恨みが一度に解けるような記録だった。「M」アルバムの「LOSER」と「BAE BAE」は5月1日の発表と同時にMelOn、Bugs、genie、Olleh Music、Mnet、Monkey3、soribada、NAVER Music、Daum Music、Cyworld Musicなどの音源チャートでそれぞれ1位、2位にランクされ列をなすことに成功した。特に「LOSER」の音源チャート1位の記録は約17日間続いたが、その後IU、Zion.Tなどに1位を少しの間奪われたが5日後である音源公開23日目、「逆走」に成功して 再び1位を奪還した。また、音楽放送では「LOSER」で合計10個のトロフィーを獲得した。音源チャートgenieによれと「LOSER」は5月3週連続genieリアルタイム累積チャート1位にランクされたが、このような記録は2012年4月にBusker Buskerの「桜エンディング」以後約3年ぶり初めての出来事だという点で注目をあびた。

 

◆ 6月:「M」と「A」の1億ビュー突破

「A」もやはり「M」の記録を継続した。6月1日の発表と同時に音源チャートで1位にランクされた。特に「BANG BANG BANG」に対する反応が良かったし、この曲は13日間MelOnとMonkey3、Olleh Mu

sicなどのリアルタイム音源チャートで1位にランクされた。また「BANG BANG BANG」と「WE LIKE 2 PARTY」は「LOSER」と「BAE BAE」に続き海外でもいい反応を得たが、6月11日(現地時間)にはビルボード「ワールドデジタルソング」チャートで並んで1、2位を占めてグローバルな人気を証明した。このチャートでは一ヵ月前「LOSER」と「BAE BAE」も1、2位を席巻したことがあって、さらに大きな意味があった。それだけではない。BIGBANGの「M」と「A」は中国、香港、日本のアイiTunesチャートでも発売と同時に1、2位をさらって人気を誇示した。海外での人気を見せる重要な指標の中の一つが世界的な動画サイトYouTubeの照会数だ。ワールドスターPSYもやはりこのYouTube照会数を通じてグローバルな人気を誇示したことがある。6月25日午前8時基準「LOSER」(3725万5006ビュー)、「BAE BAE」(2752万114ビュー)、「BANG BANG BANG」(2310万632ビュー)、「WE LIKE 2 PARTY」(1215万4947ビュー)ミュージックビデオはこのサイトで合計1億ビューを突破して意味のある記録を残したりもした。

 

◆7月:「D」中国で65万3102枚..歴代最短時間、最高販売量

7月に公開された「D」の収録曲は「IF YOU」と「SOBER」だった。BIGBANGが作った最も悲しい曲である「IF YOU」もはやはり7月1日の発売と同時に国内最大音源サイトであるMelOnをはじめとすR、Olleh Music、soribada、Monkey3、Bugs Music、Mnet、MAVER Musicなど主な8個の音源チャートを「全制覇」した。今月3ヵ月目に入っても疲れることなく1位行進を続けるBIGBANGの底力が注目をあびた。海外チャートでも反応がはやかった。「IF YOU」は発売二日目の7月2日午前8時(韓国時間)ブルネイ、香港、マカオ、マレーシア、フィリピン、シンガポール、台湾、ベトナム、インドネシアなど9ヶ国のiTunesシングルチャートで1位、「SOBER」は香港、マカオ、シンガポール、タイ、ベトナムで2位に上がった。特に「IF YOU」はポップの本場アメリカでも22位を占めたりした。それだけではない。「D」アルバムは7月1日から3日までQQミュージック(QQ Music)のデジタルミニアルバム音源販売量で65万3102枚の販売高を上げて中国で歴代最短時間、最高販売量を記録する気炎を吐いた。また当時中国に紹介されたBIGBANG MADE SERIESのアルバム「M」、「A」、「D」は合計200万枚(7月16日基準)の販売高を上げた。また、一ヶ月間MADE SERIESはYouTubeで合計2億ビューの照会数を記録してまた「グローバルな人気」を証明した。結局アメリカのビルボードは7月21日(現地時間)YouTube照会数を基準として「BANG BANG BANG」が6月アメリカと全世界で最も多く見たK-POPミュージックビデオという事実を知らせたりもした。

 

◆8月:22個のトロフィー

8月1ヶ月でBIGBANGは「ゴッドバング(GOT BANG)」というニックネームに似合った記録を出した。5日0時に公開された「E」の「私たち愛するのをやめましょう(LET'S NOT FALL IN LOVE)」と「チョルオ(ZUTTER)」は発表と同時にMelOn、Bugs、Olleh、NAVER Music、Monkey3、sorebadaなど国内8個の音源チャートで1位と2位を「独占」した。これと共にiTunesチャートでも「E」は台湾、タイ、シンガポール、カンボジア、マレーシアなどを含む16ヶ国で1位を占めて特にカナダ2位、ポップの本場アメリカで4位、イギリスで17位にランクされた。それだけでなくBIGBANGはビルボードで所属事務所の先輩歌手であるPSYが出した記録と同じ記録を出した。11日(現地時間)ビルボードによればBIGBANGは8月の新曲「私たち愛するのをやめましょう(LET'S NOT FALL IN LOVE)」でワールドデジタルソングチャートで1位にランクされた。これは去る5月に発表された「LOSER」と6月に発売された「BANG BANG BANG」に続いて3曲をチャート1位にあげた記録でPSY(サイ)以来このチャートから出た初の記録だ。BIGBANGは去る22日「人気歌謡」で獲得した1位のトロフィーで今年一年合計22個の1位トロフィーを獲得して2015年が「BIGBANGの年」だということを実証した。

2015.08.29

blank