ドラマ「ミセス・コップ」キム・ヒエ、連続殺人犯検挙のためにソン・ビョンホと組むか

≪ドラマNOW≫「ミセス・コップ」キム・ヒエ、連続殺人犯検挙のためにソン・ビョンホと組むか

※ネタバレになる内容が含まれています。

25日に放送されたSBSドラマ「ミセス・コップ」8話では、家出少女ばかり拉致して殺す連続殺人犯を捕まえるために奮闘するヨンジン(キム・ヒエ)の姿が描かれた。

ヨンジンは連続殺人犯を捕まえるために努力したが、なかなか糸口のない状況に苦戦した。3人目の殺人が予告された当日、殺人犯はヨンジンにゲームを提案してきた。ヨンジン一人だけがゲームに参加しろというのだ。

連続殺人犯はヨンジンとのゲームを提案するほど、人の命を何とも思っていないサイコパスだった。ヨンジンは冷凍倉庫を捜せという指示をすると同時に、自分は犯人をつかまえるために現場に出動した。ヨンジンが迷っている間、犯人はセヨンを冷凍倉庫に放置した。7つの冷凍倉庫のうち、防犯カメラが壊れている所を見つけた。ヨンジンはやっとのことで10代の少女を救出した。しかし犯人は捕まえられなかった。犯人は警察を愚弄しながら現場を去っていった。

犯人はヨンジンと犬猿の仲であるテユ(ソン・ビョンホ)の写真を残した。テユは汎院の顔を偶然目撃したが、ヨンジンに協力しなかった。ヨンジンはテユを訪ねた。ヨンジンは「何があっても許すから、ブラックボックスのメモリーカードを出して」と怒った。テユはびくともしなかった。ヨンジンは何でも見逃すと提案し、テユは凶悪犯である自分の息子を出して欲しいと言った。

WOW!korea提供

2015.08.26

blank