俳優イ・ジュンギと チャン・ヒジン、九死一生の末に再会!

article (1)

「夜を歩く士」のイ・ジュンギとチャン・ヒジンが九死に一生のあげく再会する。
25日に公開されたMBCの水木ドラマ「夜を歩く士」の写真にはキム・ソンヨル(イ・ジュンギ)とスヒャン(チャン・ヒジン)の再会が収められた。
スヒャンはソンヨルを助けるために城に隠れて入って行ったが、鬼(イ・スヒョク)を倒す計画が失敗に終わり鬼につかまった。スヒャンは既知を発揮して生き残り、鬼の関心を引いて城の外に出ることができた。

第14話のエンディングで鬼がソンヨルの黒いドポの秘密に気付きこれを奪おうとチェ・ヘリョン(キム・ソウン)を動かしたという事実を知ってスヒャンは、城の外に出るやいなやソンヨルを訪ねた。
そんな中で公開された写真でソンヨルとスヒャンが命を失う危機を脱して再会した姿が公開されて今後の展開に興味が注がれる。ソンヨルは自分の前に現われたスヒャンを混乱したような鋭い視線で見つめている。

特に彼の前に置かれているなぞの文書が目を引く。くずれかけた廃家で再会したソンヨルとスヒャンはお互いの安否を尋ねるひまもなく、すぐ目の前に迫っている状況に早急に意見を交わすが、その中一つがソンヨルが持っている文書に関する内容で、ふたりの見解に違いがあり対立していく予定だ。

何より第15話から、ソンヨルの利き腕として復帰したスヒャンがどんな姿を見せてくれるかに期待が注がれる。スヒャンは鬼につかまっている時にもひそかに鬼に近付いて彼の計画を知り、鬼とへリョンの関係についてもいち早く把握するなど知恵を働かせた。今後、スヒャンが鬼との友好的関係を利用することで、ソンヨルのそばでいっそう大きな手助けをするようになるだろう。

製作祭祖は「26日に放送される『夜を歩く士』の第15話で、鬼に捕まっていたスヒャンがソンヨルと再会する。 これによりソンヨルは心強い同士を再び得るようになるが、同時にスヒャンとの意見の対立を経験するようになる。そして鬼が悪事を繰り返して国が混乱に陥るようになる予定だ。果して鬼の悪事を阻むためにソンヨルがどんな歩みを見せるか、関心を持って見守って欲しい」と伝えた。「夜を歩く士」は毎週水、木曜日の夜10時から放送される。

2015.08.25

blank