俳優パク・ヘジン、大統領府での昼食会に出席 「光栄な席だった」

俳優パク・ヘジン、大統領府での昼食会に出席 「光栄な席だった」

韓国俳優パク・ヘジン(32)が、青瓦台(大統領府)でおこなわれた昼食会に出席した。

去る20日、「分かち合いでひとつになる、幸せな大韓民国」をテーマに準備された今回の昼食懇談会は、分かち合いとボランティア活動を通して幸せな韓国の実現に向けて先頭に立つ功労者へ感謝の意を伝え、分かち合いの精神を国民へ広めようと開催された。

パク・ヘジンは、昼食会に招待された26人の功労者の中でも、善行に積極的に参加してきた有名人の一人として、「少女時代」ユナと共に出席。パク・ヘジンは「生まれて、青瓦台という場所に来ることになるとは、一度も想像したことはなかった。このような光栄な席に招待してくださり、心から感謝する。すばらしい方々と会話しながら食事をして、ポジティブなエネルギーを得ることができた。今後も、さらに分かち合いの先頭に立ち、いつも模範となる俳優になれるよう努力する」と心境を伝えた。

なお、パク・ヘジンは2014年に釜山での水害被害者を助けるため1億ウォン(約1100万円)を寄付、セウォル号沈没事故当時には韓国ユニセフを通して5000万ウォン(約550万円)を寄付した。さらに、中傷コメントを掲載したネットユーザーらと共に練炭奉仕活動をおこない、老人の生活を助けるなどの活動もおこなった。

WOW!korea提供

2015.08.21

blank