JYP、2PM MV監督ハン・サミンへ5千万ウォン訴訟

2PMJYPエンターテインメント(以下JYP)が2PMの新曲ミュージックビデオのメガホンをとろうとしたハン・サミン監督(デスクターラップ代表)に対し訴訟を起こした。

JYP関係者は16日OSENにこの事実を知らせ「先月5000万ウォン代の損害賠償請求訴訟を提起し、裁判所で手続きが行われている。1回目の調停の期日は未定だ。時間が多少かかるだろう」と説明した。

関係者によるとJYPは6月1日正規5集「No.5」発売を前にハン監督にミュージックビデオの撮影を依頼した。しかしハン監督は同時期に発売する別のアーティストとの関係で受けることができないと撮影4日前にして制作中断を通知した。

対してハン監督は「正式な契約書を作成してもいなかった。撮影日時に合意がない状態だった」と弁明した。それでもJYPは「(ハン監督の)無責任な行動によりミュージックビデオの計画から撮影日程、アルバム発売、マーケティング広報の計画まで新しく進行しなければならなくなった」と訴状を提出した。

紆余曲折の末、2PMは6月15日にタイトル曲「私の家」を含んだ正規5集アルバムを出し活動をした。

2015.08.16

blank