「IVE」チャン・ウォニョン、日本の聴覚障害者ファンに感動を与える


「IVE」のチャン・ウォニョンが日本の聴覚障害者ファンに行ったファンサービスが感動を与えている。

「IVE」の日本のファンAさんは、関西で行われたサイン会での感想を語った。

聴覚障害者であることを明らかにしたAさんは「チャン・ウォニョンは私を明るく迎えてくれたが、名前しか分からなかった」と振り返り「その後は話が分からなかった」と述べた。

続けて「私の状況を説明すると、チャン・ウォニョンは『ごめんなさい。どうすれば会話できますか?』と言って、まず手でハートを作ってくれたんです」とし、「その後、ゆっくり話してくれたので、分かりやすく会話できました」と付け加えた。

Aさんによると、チャン・ウォニョンはサイン時間が終了したことを知らせるアラームが鳴り響いたにもかかわらず、スタッフに了承を得た後、Aさんとゆっくりと会話を続けたということだ。

Aさんは「他の人は25秒程度で終わったのに、私は1分以上かかりました。チャン・ウォニョンの配慮、対応、全てがこれまで経験した中で最高に素晴らしかったです。チャン・ウォニョンのおかげですてきな1日を過ごせました」と感謝の気持ちを伝えた。

別のファンも「私も聴覚障害者ですが、昨日のサイン会では私の障害に気づいて、身振り手振りと表情で会話してくれました」と語り「『愛しています』という手話もしてくれました。チャン・ウォニョンは本当に優しかったです」と付け加えた。

WOW!Korea提供

2023.11.21