ノウル(NOEL) JAPAN 1st CONCERT ~Melody in Tokyo~7月 開催!

 

韓国のゴスペラーズともいわれ、美しい夕焼けを意味する「ノウル」が7月6日に六本木ラフォーレミュージアムで韓国デビューから11年、初の日本単独公演で日本のファンに初お披露目となる。

 

日本語が堪能なメンバー、ナ・ソンホは「日本のファンと近くでお会いできると思うと、今からとても楽しみです。「ノウル」特有の感性のバラードだけでなく、楽しいステージもお見せしたいです。」と意気込みを語った。

 

sg WANNA BE+、V.O.S、K.willに続きJAKOL CORPORATIONから自信を持ってお送りする韓国の逸品ボーカルシリーズ。

 

ノウル(NOEL) JAPAN 1st CONCERT ~Melody in Tokyo~では公演後、チケット購入者全員に握手会を開催! なお、5月に除隊後初のファンミーティングを開催する、pixyがゲスト出演決定!!

 

■プロフィール

2002年「すがりついても」で鮮烈デビュー。その後「アッパドアッパド(辛くても辛くても)」「プロポーズ」「すべてが君だけだった」など、女心をくすぐるヒット曲と甘いマスクで韓国ハーモニー歌手として不動の地位を得たノウル。その圧倒的で安定感を誇るハーモニーと、無償の愛の楽曲の数々は世代を超えて愛されるステディーセラーとなった。

メンバーの軍隊入隊に伴い、2006年にグループとしての活動を休止。2011年11月に5年ぶりに「クリウォクリウォ」で華やかにカムバックを遂げた。「生きるために(サルギウィヘソ)」「去っていく(ドナガンダ)」「言えない言葉(ハジモッタンマル)」などを次々に発表。軍隊を終えて大人の男性となった4人の歌声は、ゆるぎないハーモニーに加え、さらに奥深さと磨きがかかり、曲を出すごとに音楽チャートの上位圏にランクイン。第二の全盛期を作り上げていった。

記憶に新しいところでは、Rain(ピ)とソン・ヘギョ主演のドラマ「フルハウス」や「魔王」「パダムパダム」「ビック」、映画では「絆創膏」など人気ドラマ・映画のOSTに参加。今や人気ドラマ・映画のOSTにノウルは欠かせない存在である。現在韓国で絶賛放送中のドラマ「IRIS2」(KBS) で、イ・ダヘとユン・ドジュン(BEAST)のテーマソングとして話題の 「どうなのですか(オットンガヨ)」や、イ・スンギ、スジ(Miss A)主演のMBCドラマ「九家の書」OST「愛が痛い」(イ・サンゴンソロ)などドラマファンならずとも人気を博ている。

 

 

ノウル(NOEL) JAPAN 1st CONCERT ~Melody in Tokyo~

公演日:2013年7月6日(土)

1部 開場 14:30 / 開演 15:00 2部 開場 18:30 / 開演 19:00

会場:ラフォーレミュージアム六本木

公式サイト:www.jakol.co.jp/noel/ (近日中OPEN予定)

2013.04.12

blank