女優パク・セヨン、「私の娘、クム・サウォル」にキャスティング…パク・チニとライバル関係

女優パク・セヨン、「私の娘、クム・サウォル」にキャスティング…パク・チニとライバル関係

韓国女優パク・セヨンがMBC週末ドラマ「私の娘、クム・サウォル」(脚本:キム・スンオク、演出:ペク・ホミン、イ・ジェジン)にキャスティングされた。

MBCは4日午前、報道資料を通じて「パク・セヨンがオ・ヘサン役を引き受け、キム・サウォルのひどいライバルとして登場する」と新しい悪女の誕生を予告した。

劇中、ヘソンはオ・ミンホ(パク・サンウォン)の養女で、職業はイケてる建築家だ。自分の意のままにならないと涙を流してかわいそうなふりをし、人々の歓心を買う意地悪な女のキャラクター。保育園時代に親友だったクム・サウォル(ペク・チニ)と慰めて頼る仲だったが、時間が経つにつれサウォルへの嫉妬心が雪の塊のように大きくなり、彼女たちの関係は手のつけようもなくもつれている。

パク・セヨンは2009年「その後…」でデビューし、「赤道の男」やバラエティ「私たち結婚しました」、映画「猫の葬式」などドラマやバラエティ、映画に出演して活動の領域を広げてきた。パク・セヨンが「私の娘、クム・サウォル」を通じて、悪女にイメージ変身を図っており、期待が集まっている。

一方「私の娘、キム・サウォル」は「私はチャン・ボリ!」キム・スンオク作家の作品で、ことし下半期の話題作に選ばれている。夢を失ってしまった人々に希望を伝える波乱万丈の人生逆転成功ドラマだ。「女王の花」の後続番組で9月5日午後10時に韓国にて初放送される。

WOW!korea提供

2015.08.05

blank