【全文4の4】キム・ヒョンジュン(リダ)元カノの反撃

【全文4の4】キム・ヒョンジュン(リダ)元カノの反撃

韓国歌手兼俳優のキム・ヒョンジュン(リダ、29)の元交際相手A氏が、報道資料を通じてキム・ヒョンジュン側の主張に反論した。

以下、全文4の3の続き

4)現在の妊娠と出産予定

イ・ジェマン弁護士:キム・ヒョンジュンは、私が今年1月に胎児を見せず、3月には超音波室への入室も阻止したと言いました。

(私の)立場:2015年3月12日、私たちの家族とキム•ヒョンジュンの両親がソウル峨山病院を訪れました。この場には、私の法的代理人であるソン・ジョンムン弁護士と当時キム・ヒョンジュンを代理していた弁護士もいました。

超音波室への入室を妨げたとのイ・ジェマン弁護士の主張、女性の立場から全くとんでもない主張です。実際には、どのような女性でも相手の家族を同伴して超音波室に入ろうとしないでしょう。

超音波診療をするときには、下着を脱ぐ必要があります。父親の前でも、その姿を見せるのは難しいでしょう。ましてや私の子供を認めていないキム・ヒョンジュンの両親の前で超音波診療をするでしょうか?

代わりに、私はキム・ヒョンジュンに言いました。 「ヒョンジュン、ちょっと一緒に来て、見ないの?」と尋ねたんです。しかし、キム・ヒョンジュンは首を振り、彼の母親は両手を広げて(2人の)会話を防ぎました。

こういった経緯で、キム・ヒョンジュンが診察室に一緒に入らないようになった訳です。

この病院が大韓民国で最も大きいとされる峨山病院です。そして峨山病院を指定したのもキム・ヒョンジュン両親です。いったい、どのような目的で今の妊娠まで疑うのか分かりません。

そしてキム・ヒョンジュンの両親は、当時の超音波検査の結果を確認しました。峨山病院の産婦人科担当教授は、超音波検査が終わるとすぐに待機しているキム・ヒョンジュンの両親を呼びました。

担当教授は、超音波写真を見せて「13週5日程度になり、子供がよく育っている。」と述べ、妊娠した日付(2014年12月20日頃と推測)まで説明しました。

そしてキム・ヒョンジュンは、その翌日の2015年3月13日、私の弁護士に「赤ちゃんを確認しました。このような状況になって醜い父親になりそうだ。この子に対して『記事合戦』をすれば、一生憎み、呪います」とのメッセージを送るまでしました。

周辺では、泥沼になると言っていました。私もそれを願っているわけではありません。しかし、少なくとも弁護士なら証拠を持って、事実を言わなければならないでしょう?

例えば、イ・ジェマン弁護士は「5月23日の妊娠時期に春川まで自転車旅行に行って来た。妊娠しているのに、どのように自転車に乗るのか?これは妊娠ではない」と述べています。

ならば、少なくとも「私がいつ自転車に乗ったのか」ぐらいは確認してほしいです。弁護士という方が断定するなんて理解できません。

自転車に乗ったのは正確には4月30日から31日です。久しぶりに友達とSNSで会話をしながら、「私、自転車に乗って春川まで行ってきたよ。」と言いましたが、これが妊娠ではなかった証拠として使用されるとは夢にも思いませんでした。

すべての人がその日撮った写真をその日すぐにSNSにアップロードしますか?ならば、私が今すぐ、2014年の暴行でアザの写真をアップすれば、ついさっき暴行されたことになりますか?

証拠がなければ、論理でも備えて攻撃するように願います。私は今後の私を証明できるすべてを追加で公開いたします。

私を「金目当ての女」に作りあげる彼らです。何のために私が沈黙を続けるのか、これ以上名分が見つかりません。

上述した1〜4については、すべての添付ファイルの資料で立証いたします。控訴状、各事案別のメッセージ会話、診断記録などをご確認願います。最後まで読んでいただきありがとうございます。

WOW!korea提供

2015.07.30

blank