「夜を歩く士」チャンミン(東方神起)とイ・ジュンギ、正体を明かす

≪ドラマNOW≫「夜を歩く士」チャンミン(東方神起)とイ・ジュンギ、正体を明かす

※ネタバレになる内容が含まれています。

29日に放送されたMBCドラマ「夜を歩く士」7話では、クィ(イ・スヒョク)の消すためにソンヨルとユン(チャンミン(東方神起))が孤軍奮闘する姿が描かれた。

ソンヨルはクィとの戦いで大きな傷を負った。ヤンソン(イ・ユビ)はほとんど気を失った状態で倒れているソンヨルを見て涙を流した。ヤンソンは何とか手にした薬草と胸を覆うものなどを使って出血を抑えたが、冷たくなったソンヨルの体に驚いた。

やっと目覚めたソンヨルはヤンソンに吸血要求を感じた。ソンヨルはかろうじて抑えた。その後、スヒャン(チャン・ヒジン)とホジン(チェ・テファン)の連中が、ソンヨルとヤンソンを発見し、事態は落ち着いた。ヤンソンは兵営の門を知らないまま、その場を去り、ソンヨルは後からスヒャンが準備した犠牲物の血を吸って気力を取り戻した。

ソンヨルはユンに対する民心を戻すためにでた。ヘリョン(キム・ソウン)の保護によってクィは成均館の博士たちと儒学生たちを拘束し、これにソンヨルはユンであるように振る舞って官軍を退けた。ソンヨルは儒学生だけでなく、ユンの名前で貧しい民も救った。

一方、ヘリョンとクィは約束をした。クィはヘリョンにソンヨルを連れて来るよう命じ、ヘリョンは約束を守る時、王の女として生きられるようにしてほしいと言った。ヘリョンは市場で会ったソンヨルの視線を避けられず、「ソンヨル様の考えるあの女ではない」と言い、「だからこれ以上見たりついてきたりしないでほしい」と言った。

世孫のユンは決断を下した。成均館の儒学生たちを呼び集め、自分の正体を明かした。ソンヨルを助けるために自分の存在を明かしたのだった。これにより貞顕世子(イ・ヒョヌ)の備忘録が世の中に出ることを望む気持ちだった。

そんな中、ヤンソンは女性用の韓服を着て、薬草を持って妓房にソンヨルを訪ねていった。ヤンソンはソンヨルに自分を済州島に送ろうとする理由を聞き、本音を言ってほしいと言った。

WOW!korea提供

2015.07.30

blank