2PMテギョン、グラビアを見るようなビハインドカット公開!

201507280907773860_55b6ca96b7e89

人気アイドルグループ2PMテギョンのグラビアみたいなビハインドカットが公開されて注目を集めている。
KBS2TVの水木ドラマ「アッセンブリー」の製作サイドは、28日にインターン補佐官のキム・キュファン役に扮したテギョンの撮影現場の写真を公開した。
公開された写真のテギョンは、完璧なスーツスタイルを公開して女性視聴者の心をときめかせている。車のドアを開けているテギョンの姿は、自動車のモデル、カメラを手に持った姿はカメラのモデル、背広を着て考え込むような姿はスーツのモデルを連想させて、瞬間ごとに感嘆をそそらせる。

先輩俳優チョン・ジェヨンは、テギョンが撮影場に現われるたびに、ときめきざわめく女性スタッフに「テギョンが来るからそんなに良い?」と言いながら嫉妬の混ざったジョークを投げかけ、その言葉をきいたテギョンが照れくさそうに笑ったという。明るくてエネルギーにあふれるテギョンは、徹夜の撮影で疲れた撮影現場に疲労回復剤のような役目をしているという。

先週の放送で、チン・サンピル(チョン・ジェヨン)の裏切りで父親が死んだと誤解したキム・キュファン(テギョン)は、警察公務員試験をあきらめて復讐のためにチン・サンピルのインターン補佐官になった。しかし先任補佐官のチェ・インギョン(ソン・ユナ)は、彼が国会で働くのに適切ではない人物だと見ている。「首になってみたい」という言葉に深い印象を受けたチン・サンピルと、「あいつをめちゃくちゃにしてやる」と言うキム・キュファン、そして彼を見つめるチェ・インギョンの3人が展開して行く三角構図がドラマに対する興味をいっそう高めてくれる。

「アッセンブリー」は、無知であるがゆえに勇敢で、単純で正義感にあふれる鎔接工出身の国会議員チン・サンピルが、「問題児」からカリスマに満ちた「真実の男」に生まれ変わっていくユニークな成長ドラマだ。今までよく知られていなかった「国会」の非常に細かい裏の面と、「政治に携わる人々」の臨場感あふれるエピソードを通して、韓国の政治の断面を果敢に描き出すことと予告している。

2015.07.28

blank