「イベントレポ」東方神起チャンミン、 SUPER JUNIORら出演のSMTOWN LIVE 東京ドーム公演、10万観客動員で大盛況

201507070923775976_559b1c96b9fda (1)

ソウル、LA、パリ、ニューヨーク、上海など全世界の主要都市で公演をしたSMTOWN LIVEが、再び東京ドームで大成功のコンサートを開催してSMTOWNの莫強なパワーを証明した。
5、6日の両日の午後5時から、東京ドームで開かれた「SMTOWN LIVE WORLD TOUR IV in TOKYO SPECIAL EDITION」は、元H.O.T.のカンタ、BoA、TRAX、 東方神起チャンミン、 SUPER JUNIOR、少女時代、SHINee、f(x)、EXO、Red Velvet、チョウミ、ヘンリー、J-MIN、SM ROOKIESが参加し、4時間で55曲のレパートリーを披露して華麗で完成度の高いステージで 10万人余りの観客を魅了した。

今度のコンサートは、5、6日の東京に続き、25、26日にはSMTOWN LIVEを初めて公開する大阪公演まで開催されるほど、日本でも大きな関心を受け、モバイルサイトを通したチケット購買応募者数だけでおよそ100万人を突破する勢いで、日本の公演関係者を驚かせ、SMブランドに対する日本ファンの相変わらずの関心をもう一度確認させた。

特に、SMTOWNのアーティストは、日本でも眩しい活躍を広げているため、BoAの「MASAYUME CHASING」、少女時代の「Catch Me If You Can」など多くの日本での発表曲を公開したり、SHINeeの 「View」、EXOの「Love Me Right」など各チームの最新曲のステージを公開したり、カンタと一緒にスルギとウェンデ-が歌った「人形」、最近東方神起のソウルでのアンコールコンサートで初公開したチャンミンとシウミンの「さば」、チャンミン、ドンヘ、ウニョクが一緒に披露した、SUPER JUNIOR D&Eの「Can You Feel It」など異色コラボレーションステージまで、幻想的な公演で東京の夜を熱く焼いた。

201507070923775976_559b1c977d7ba

続いて、8月5日に日本で発売予定のSUPER JUNIOR-K.R.Y. シングル「JOIN HANDS」のステージ、その外にも、イェソンとベッキョンのハーモニーが輝く玉置 浩二(安全地帯)と井上陽水のデュエット曲の「夏の終わりのハーモニー」、チャンミン、キュヒョン、ミンホの愉快な「いちご」まで、日本の観客のための新しくて楽しいステージを借しまずプレゼントした。

また、東方神起チャンミンは、21日に現役入隊を控えたユンホが今度の公演に参加ができない関係で、後輩歌手と一緒にヒット曲のステージを公開して注目を集めた。チャンミンは、「ユンホ兄さんと一緒にできなくて残念でしたが、後輩の方々が手助けしてくださってステージがうまく行きました。兄さんと一緒に帰って来て、このステージにまた立つ日まで待ってます」とあいさつして、観客の大きい歓声を導き出した。
SMTOWN LIVE コンサートは、7月25、26日に、大阪の京セラドームで熱い熱気を引き次ぐ予定だ。

2015.07.07

blank