「B1A4」バロ&サンドゥル、韓国版「ロス:タイム:ライフ」主演にキャスティング

「B1A4」バロ&サンドゥル、韓国版「ロス:タイム:ライフ」主演にキャスティング

韓国アイドルグループ「B1A4」のメンバー、バロとサンドゥルがウェブドラマ「ロス:タイム:ライフ」(韓国版「ロス:ライム:ライフ」)にキャスティングされた。

ウェブドラマ「ロス:タイム:ライフ」は死を迎えた人々に突然サッカーの審判たちが登場し、今までの人生の中で無駄に過ごしてきた時間の分のロスタイムを提示され、人生最後の時間を過ごすことになるという内容のオムニバスドラマだ。2008年2月にフジテレビ系列で放送された「ロス:タイム:ライフ」が原作で、当時、瑛太や上野樹里、小山慶一郎(NEWS)など有名俳優の熱演で人気を集めていた作品だ。

バロが演じる役は人気トップアイドルラッパーだ。熱愛説が絶えない有名なプレイボーイだが、デビューデュエット曲を一緒にレコーディングしていた劇中のスンヒ(スンヒ)のために何もできなかった申し訳なさを胸に抱いている善良な心の持ち主だ。

サンドゥルが引き受けた役は劇中ヘスク(イ・イルファ)の分別のない末息子で、どケチな母親のおかげで、子どもたちの間で面目まるつぶれだが、一度も反抗したことがない優しい息子だ。

バロは最近放送終了したMBCドラマ「アングリーママ」で好評を得た。またtvN「応答せよ1994」のピングレ役で人気を集め、SBS「神の贈り物」で精神年齢6歳の自閉症の役でさらに成熟した演技を披露し、今回の作品を通じてどのような演技を披露するのか、期待を集めている。

サンドゥルは今回のドラマ出演が、人生初の演技挑戦で注目を集めている。サンドゥルはバラエティ番組「覆面歌王」を通じて”脱アイドル級”の実力で注目されており、ミュージカル「ALL SHOOK UP」や「兄弟は勇敢だった」などを通じて確かな演技力と優れた歌唱力で認められてきた。

一方、ウェブドラマ「ロス:タイム:ライフ」は9日0時、NAVER TV CASTやTV朝鮮などのホームページを通じて韓国にて初放送される。

WOW!korea提供

2015.07.07

blank