KARAパク・ギュリ、“7歳の時、デビュー同期。とてもかわいがってもらった”…「知ってるお兄さん」でカン・ホドンとのエピソードを公開


KARAのパク・ギュリが、カン・ホドンとの縁を公開した。

3日、韓国で放送されるJTBCのバラエティー番組「知ってるお兄さん」には、7年6ヶ月ぶりにスペシャルアルバムをリリースしたKARAが出演する。 この日KARAは、デビュー15周年をむかえて再び一つになった。

KARAは、「知ってるお兄さん」のレギュラー陣との格別な縁を公開する。 特にパク・ギュリは、「過去、イ・サンミンが代表だった事務所の練習生だった」と、伝える。

また、パク・ギュリは、7歳の時にカン・ホドンとバラエティーの中のコーナー「夕立ち」で一緒にデビューした“デビュー同期”であることを明らかにして、「幼い頃、ホドンがとてもかわいがってくれたことを思い出す」と話しながらも、「でも、とても大きくて怖かった」と話、笑いを誘った。

一方、KARAが出演した「分かるお兄さん」は、韓国で3日午後8時50分に放送される。

2022.12.03

blank