あの冬ソナの俳優リュ・スンス、「前日痔の手術をしてきた」…鎮痛剤闘魂を見せる(キム・グラのラテ9)


俳優リュ・スンスが鎮痛剤闘魂を繰り広げた。

韓国俳優のリュ・スンスが23日午後に放送されたチャンネルS、ザ・ライフ「キム・グラのラテ9」に特別MCとして出演した。

これに対しキム・グラは「うちのスタッフたちがとても喜んでいるが…。 大きな歓迎の理由が嬉しいこともあるが、実は今日ここに来る状況ではないという。 とても体調が良くなくて」と説明した後「昨日何かあったんだって?」と尋ねた。

するとリュ・スンスは「昨日私が手術をして朝に来た。 実際、医療スタッフは入院を勧めたが、急いで放送のために鎮痛剤を打ってきた」と告白した。

これに対しキム・グラは「手術したのにここに座っているほどなら、それほど心配するほどの手術ではないと思う」と推測し、「何の手術なのか?」と尋ね、リュ・スンスは「痔の手術だ」と率直に答えた。

するとキム・グラは「昔のこと思い出すね。 ユン・ジョンシンさんも痔の手術をして「ラジオスター」の収録を抜けたことがあるんだけど、それがもう十数年前だよ。 最近はそれでも手術が簡単になったので回復も早いのではないか」と尋ねた。

しかし、これを聞いたリュ・スンスは「違う。そうではない。 状態によって違う」として「私が一つお願いしたい、私を笑わせないでほしい」と頼んで笑いを誘った。

一方、「キム・グラのラテ9」はキム・グラの雑学辞典の中には知らないことがない! 過去の中で探す未来に対する答え! 過去を通じて未来を予測し、グラ(嘘・詐欺など)ではなく真実で未来を予測するチャートショーだ。



WOW!Korea提供

2022.11.24

blank