“単語が官能的すぎ?”「(G)I-DLE」の新曲「Nxde」、実は事務所から猛反対されていた…メンバーが裏話を暴露


ガールズグループ「(G)I-DLE」が、新曲「Nxde」などヒット曲の制作にまつわるビハインドを打ち明ける。

29日に放送されるJTBCのバラエティー番組「知ってるお兄さん」には、独特のコンセプトで人気を集めている「(G)I-DLE」が全員で出演する。彼女たちは、ぽんぽん飛び交うトーク術と、愉快なバラエティーセンスを発散する予定だ。

この日、リーダーのSOYEONは、韓国国内の音源チャートを席巻したヒット曲の制作と、それに関連するビハインドストーリーを公開する。中でも新曲「Nxde」は、「単語が扇情的だということで、事務所でかなり反対されたが、PPT(パワーポイント)まで作って、説得力を高くした」と明かした。それだけでなくSOYEONは、「DUMDi DUMDi」をタイトル曲にするために、「ダメだったら私が責任を負う」と話したエピソードから、「TOMBOY」などのビハインドまで打ち明ける。

また、直接アルバムプロデュースも担当するSOYEONは、「外国人メンバーが多いので、目立ってしまう発音があって、その部分を活かそうと努力している」と話す一方、自分だけのメンバー別パート分配ノウハウを明かしたりする。

このほかにも「(G)I-DLE」は2時限目の「知ってるゴールデンベル」であふれる意欲を見せ、想像もできないような発言と珍回答で笑いを誘う。また、新曲「Nxde」のステージを披露して、ひと味違う姿を公開する予定だ。

WOW!Korea提供

2022.10.28

blank