「取材レポ」CRAYONPOPが日本のカバーダンスシーンを応援!「CRAYONPOP present 2nd POPCON in Tokyo」&記者会見を開催!

 KJP20131115_193644_02

韓国完全武装ガールズグループ CRAYONPOPが 11月15日(金)、東京・台場Zeppダイバーシティーにて「CRAYONPOP present 2nd POPCON in Tokyo」を開催した。そしてイベントの開催直前には、マスコミによる記者会見が行われた。

 DSC_1317

セクシーさが主流の韓国のガールズグループの中で、衣装のジャージとヘルメットで元気ハツラツ健康的な魅力を振りまき、「Bar Bar Bar」で見せた直列五気筒ダンスで一気に浮上。「江南スタイル (PSY:サイ)」に次ぐ勢いと、注目を浴び人気を得てきた CRAYONPOP。

会見のステージに、赤いポロシャツと白のジャージ姿で登場したリーダーのグンミ、双子の姉チョア、妹ウェイ、エリン、末っ子ソユルの5人が笑顔で若干の緊張感を漂わせながら「みなさん、こんにちは!CRAYONPOPです!はい、よろしくお願いします」と全員で揃ってあいさつをして、会見がスタート。

 DSC_1049

―好きなアニメの作品は?

 

エリン:「花より男子」「クレヨンしんちゃん」が好きです。

グンミ:「ドラえもん」かな。

チョア:「ジブリ」の作品が好きです。

 DSC_1203

―好きなキャラクターは?

 

ソユル:ピカチュウかな。

グンミ:リラックマ。

ウェイ:キティが好きです。

 DSC_1209

―本格的な活動を始めたのがここの近くのお台場のヴィーナスフォートですが、その時の気持ちと現在の心境はいかがですか?

 

ソユル:その当時はあまり知られていない状況だったので、誰だろうって感じで思われましたが、今はたくさん知っていただいて、愛してくださってとてもうれしいです。

 

―今日のリハーサルでは、イベントに出場する日本のファンがCRAYONPOPのダンスをカバーしていましたが、見られてどう思いますか?

 

ウェイ:「Bar Bar Bar」をこんなに愛していただいて、見る度にすごく不思議な気持ちがすると同時に、とてもうれしいです。そして、これからもっと頑張らなきゃという気持ちになります。

 DSC_1215

―日本進出に向けて日本語を勉強されたと思いますが、新しく覚えた日本語は?

 

チョア:うれしいです。

グンミ:楽しみです。

エリン:感動しました。

ソユル:愛してる。

 DSC_1218

―PSY(サイ)の「江南スタイル」などに比べられますが、いかがですか?

 

チョア:大先輩であるPSY(サイ)先輩と私たちが比べられるということはとても光栄です。その声に負けずにもっと頑張りたいと思います。

―先日はオーストラリアでのプロモーション、そして日本、これから香港でもイベントがありますが、世界で一気に人気が出た感想を教えてください。

 

グンミ:私たちCRAYONPOPに多くの関心を持ってくださって、 愛してくださっているのを見ると、より発展しながら一生懸命しなければならないと思いました。そして初心を忘れない姿を維持しなければいけないと思いました。

 

DSC_1224 

 

―歌以外にチャレンジしたいことはありますか?

 

エリン:歌だけではなく、多様に映画やCFなど、機会があればやってみたいと思います。

ソユル: CRAYONPOP のそれぞれ個人的に魅力がありますので、それを将来活かして輝いていきたいなと思っています。

チョア:歌や芸能活動だけでなく、ビジネスなどにも将来チャレンジできたらなと思います。

 DSC_1439

―ヘルメットをかぶって肩は凝りませんか?ヘルメットで困ったことなどがあれば教えてください。

 

ウェイ:最初は重くて首の後ろが痛くなったんですが、今は慣れたので大丈夫です(笑)。

 

 

会見終了後はカメラに向かって5人が様々なポーズを取りながらのフォトセッションが行われ、ここでも質疑応答時に見せたチームワークの良さをしっかりアピール。

全員で丁寧にあいさつをして、イベント前の記者会見は終了した。

 

次にオールスタンディングで2000人にのぼるファンの熱気溢れる会場で、一部はCRAYONPOPが応援する日本カバーダンスチームの公演、 二部はCRAYONPOPの無料コンサートと、二本立てのイベントが定刻でスタート。

先ず1部では、10チームが参加したK-POPカバーダンスをCRAYON POPが直接審査を行って優勝チームを選んだ。

続く2部では「Bar Bar Bar」の他、全7曲を披露。軽快なリズムと息の合ったダンス、パワー全開のステージで盛り上げファンを魅了した。会場は惜しみない大きな声援に包まれ、イベントは幕を閉じた。

 KJP20131115_193322_01

今回のイベントで「今年初めに日本で400人規模の小さな会場でミニコンサートを開きましたが、Zeppで2000人もの規模のコンサートを開くことになるなんて夢のようで、感慨深いです」とウェイは胸の内をそのまま言葉にした。そして「これからもファンのみなさんの愛に応えるCRAYON POPになります」と、決意も新たに熱く語った姿に、これからも多くの期待が寄せられる。

 

 

 KJP20131115_193905

取材:Korepo(KOREAREPORT INC)

 

 

■CRAYON POP公式ホームページ

http://www.crayonpop.co.jp/

 

 

2013.11.19

blank