俳優チョン・ウソン、ウクライナ難民に会うため10月3日にポーランド訪問


韓国俳優チョン・ウソンがウクライナ難民と会う。

28日、国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)韓国代表部によると、親善大使であるチョン・ウソンが来る10月3日から6日までの4日間、ウクライナ人がポーランドに入る時に主に利用するルブリン鉄道駅をはじめ、難民が住んでいるポーランドの様々な地域を訪問する。

チョン・ウソンは難民家族やボランティアなどに会い、依然として厳しいウクライナの状況を聞く予定だ。

チョン・ウソンの今回の「ポーランドミッション」はポーランド内の主要避難地域で難民家族とボランティアに会って慰め、関連事案を世界に知らせるために企画された。

チョン・ウソンは「新型コロナウイルス感染症の大流行のせいで、この3年間現場を訪れることができなかったが、(ウクライナ戦争で)増加する難民を見て心が重かった」とし「今回の訪問が難民イシューに対する全世界の関心を高める契機になることを願う」と伝えた。

一方、チョン・ウソンは2014年国連難民機構名誉使節になった後、翌年から親善大使として活動している。ポーランド行きは彼の8回目の現場訪問だ。

WOW!Korea提供

2022.09.30

blank