イ・スンギ、バラエティを整理し出演したドラマ「法に則って愛せ」が視聴率下落…このまま回復できるか?

俳優兼歌手のイ・スンギがバラエティを辞めてドラマ「法に則って愛せ」にきちんと“オールイン”を始めたなか、視聴率の上昇を成し遂げることができるだろうか。

19日に韓国で放送されたKBS2ドラマ「法に則って愛せ」は5.5%の視聴率(視聴率調査専門機関ニールセンコリア提供、全国基準、以下同一)を記録した。今月5日に初回7.1%でスタートした「法に則って愛せ」は若干の変動を経て下降傾向を見せている。

「法に則って愛せ」はイ・スンギがドラマに1年半ぶりに復帰した作品。昨年のtvN「マウス」の終了後バラエティ活動に集中し、新曲も出すなど活動を続けたが、俳優としての姿を見せファンたちの関心を受けた。

「法に則って愛せ」でイ・スンギは検事出身のウェブ小説作家兼ビルオーナー“キム・ジョンホ”に扮し熱演を繰り広げている。格別なキャラクター消化力はもちろん、女優のイ・セヨンとのロマンスもハートフルに描き出している。

イ・スンギの熱演にもかかわらず視聴率は初回放送ほどの話題性をもたらすことができなかった。放送が続くほど視聴率の下降傾向を経て話題性もまた少しずつ力を失いつつある。

「法に則って愛せ」の放送を控え、また放送されるあいだイ・スンギにとっては変化が生じた。SBSのゴルフバラティ番組「チームになって072(日本放送名:イ・スンギの楽しいゴルフ 072)」はシーズン3まで共に出演してきたがシーズン4では不参加を決定した。「チームになって072」シーズン4はイ・スンギ不在で新しいラインナップを構成し8月31日に初回放送を始めた。

(2ページに続く)

2022.09.20

blank