≪韓国ドラマOST≫「ロボットじゃない~君に夢中!~」、ベスト名曲 「どれだけ伝えても」=歌詞・解説・アイドル歌手(動画あり)


<「ロボットじゃない~君に夢中!~」OST(サントラ)、今日の1曲>

Youtube動画:「ロボットじゃない」OST

今回も「ロボットじゃない~君に夢中!~」のOST紹介をお届けする。本ドラマは、「仮面の王 イ・ソン」のユ・スンホと、「雲が描いた月明かり」のチェ・スビンがタッグを組んだラブコメ。
金融会社の筆頭株主で裕福なキム・ミンギュは、人間嫌いで有名。ある日、ロボット工学者から資金提供を頼まれ、性能テストの日を迎えるが、研究員の不注意でロボットは故障。仕方なく、研究員の元カノのジアにロボットを演じてほしいと依頼するところから物語が始まる。

今日の1曲は、THE HIDDENが歌う「どれだけ伝えても」。

<歌詞の解説>

「君という理由1つで この世がまぶしくなる 僕の真っ暗だった心の 光になってくれた君
君に出会う前の僕の人生は 長い夢だったと言うよ 一度も 誰にも与えられたことのない
この世で一番大きな幸せに出会えた」ここでは、ミンギュがジアへの深い想いを表現している。

※サビ「どれだけ伝えても 足りない言葉 何万回伝えても足りない言葉 思い切り叫んで 声がかれても
もう一度深呼吸して 伝えてみるその言葉 あの陽光より温かい言葉 この空気より大切な言葉
君を愛してる やっと君に言える言葉 I love you」サビでは、ジアへの愛情を伝える告白になっている。

「初めて見たときに分かった 君じゃなきゃダメなんだと ごめん ずいぶん遠回りして
告白が遅くなったことを許してほしい」時間をかけてジアの大切さに気付いたミンギュの気持ちが伝わる。

※サビのリピート

「やっと君に言える言葉 つらかった時間が過ぎて またこの道で出会えた僕たち つないだ手を離さずに
ずっとずっと離さないから 約束するよ」ここから最後のサビへ盛り上がっていく。

「どれだけ伝えても 足りない言葉 何万回伝えても足りない言葉 思い切り叫んで 声がかれても
もう一度深呼吸して 伝えてみるその言葉 君には 何度言っても言い足りない 愛していると
ずっと待っていると」ミンギュがジアを一生大切にしたいという強い思いを伝える内容になっている。

「時を戻せるなら あの時に戻れるなら これまで僕が君のために流した涙も 全部消してしまえるのに
もうないと思ってた 遥か遠いと思っていた 君という世界が 僕のもとへ来てくれて ありがとう」
一途なラブソングでドラマの展開を盛り上げる。

THE HIDDENは、2014年生にデビューした男性3人組のグループ。メンバーはジノ、チョルミン、ソンヒョン。これまでドラマ「トライアングル」、「甘い秘密」、「お義母さんは私の嫁」などでOSTを担当している。

<ネットユーザーの反応>

「この曲気に入った」
「ピュアなラブソングで素敵」
「何度も聞きたくなるいい曲」
「若さと情熱を感じるラブソング」
「こんな曲歌われたい」

「ロボットじゃない~君に夢中!~」ではユ・スンホと、チェ・スビンの共演で大きな話題を呼び、OSTも大人気となった。

WOW!Korea提供

2022.08.14

blank