キョンリ(元NINE MUSES)、「23歳ででデビュー、若いガールズグループとの比較に疲れた」


韓国ガールズグループ「NINE MUSES」出身の女優キョンリが、歌手活動をしていた当時を回想した。

11日に放送されたKBS 2TV「ホンキムドンジョン」では、キョンリ、アイリーン、イ・ギグァン、DARAがそれぞれホン・ジンギョン、キム・スク、チョ・セホ、チュ・ウジェ、ウヨンの親友として登場し、夏休み特集を飾った。

キム・スクとキョンリは宿舎に残って話に花を咲かせた。キム・スクが、「女優になると言って母親が喜びそうだ」と言うと、キョンリは「演技をしないと言うのでテレビで見ることがないじゃないか。『何をしようとしてるのか?』と考えただろう」と話した。

「メンタルが弱くないか」というキム・スクの問いには「以前に休んだときにそうだった。23歳で遅くにデビューした」とし、年齢が幼いガールズグループとの比較に疲れもしたと打ち明けた。

するとキム・スクは「40歳になってあまりにも不安だった。成し遂げたことが一つもないの。あなたはしばらく残っている。できることが多い」と慰めた。

WOW!Korea提供

2022.08.12

blank