「コラム」【まさか?】韓国旅行で体験した驚きの出来事とは何か

写真はイメージです

 

友人にちょっとワクワクする話を聞いた。海外で日本人女性は実年齢より若く見られるという。それを証明してくれた驚きのエピソードである。果たして、それはどんな話なのだろうか。

 

韓国で出会った人たち
コロナ禍になって2年以上が過ぎた。ようやく2022年8月限定でビザなし韓国旅行ができるという。まだまだハードルは高いが、以前のように気軽に渡韓できる日が少しずつ近づいているようだ。これまで韓国旅行を楽しんでいた身にとってコロナ禍で失った約3年の月日は大きい。確実に歳を重ねてしまったからだ。哀しいことに中年になってからのプラス1歳は体感的に1歳では収まっていない。1歳でも若いうちに少しでも韓国旅行を楽しみたいのに……と心の中でいつも地団駄を踏んでいる。


以前、友人にちょっとときめく話を聞いた。海外で日本人女性は実年齢より若く見られるというがそれを証明してくれた驚きの話である。
当時、50代後半だった彼女は20代の友人と共に韓国旅行を楽しんでいた。広蔵市場を散策中70代と思われる男性から「日本から来たのか?」と声を掛けられる。日本語を少し話せるというその男性は彼女たちをピンデトック(緑豆チヂミ)の美味しい店に連れて行き気前よくご馳走してくれた。すっかり打ち解けたその男性と彼女たちは二件目へとハシゴする。驚きの出来事は二件目の店で起こった。

すっかり夕刻になり、会社帰りの御一行様たちも続々とご来店。皆、焼酎片手につまみを頬張っている。そのうち、隣合わせた会社帰りの御一行様とも意気投合。日本からの観光客ということが珍しかったのか彼らとの会話も弾む。彼女たちは韓国語を話せない。しかし、持ち前のコミュニケーション能力と英語力で楽しい交流を持てたという。


宴もたけなわ、会話が弾んだある男性の思いがけない一言に50代の友人は驚いた。「私には入隊中の息子がいます。もしよかったら、息子の嫁になってもらえませんか?」。20代女子が同伴していたにも関わらず、その男性は50代後半の彼女に「息子の嫁に」と言ったのである。友人は慌てて、自分は既婚者で成人に近い子供がいることを伝えたそうだ。「息子の嫁に」と言った張本人もおそらく彼女より年下だったのでは?
そういう笑い話だ。
「いったい幾つに見られたんだろうね」と会うたびその話題になる。入隊中で花嫁募集中なら、その息子さんは恐らく30歳前後だろう。韓国俳優でいうならパク・ボゴム、ソ・イングク、チャン・ギヨン等々……30歳前後の俳優を次々に思い浮かべて妄想が止まらない。彼らと変わらないお年頃の男子の嫁に!?

お酒の席の話とはいえ夢のような申し出である。「息子の嫁に」と言われたその彼女は、とても美意識が高く日頃から肌の管理を怠らない。そして少食なわけではないのに太らない。そう考えると確かに美魔女としてのベースがあった。何より、好奇心旺盛で気持ちも若い。韓国語が話せないのにも関わらず、韓国一人旅に出掛けてしまうようなパワフルウーマンでもある。
ただでさえ海外で日本人女性は実年齢より若く見られるというが、美を保つ少しの努力と気持ちの若さがあれば、幾つになってもときめくことに出会えるのだろう。
気軽に渡韓できる日も近づいてきた。その日までにこの溜まった贅肉をなんとかせねばと思いつつ、韓国ドラマを観ながらついついお菓子に手が伸びる筆者なのである。

文=朋 道佳(とも みちか)

 

チェ・ガンヒ、キム・ヨングァン主演『こんにちは?私だよ!』はどんなドラマなのか

イ・ボヨン×キム・ソヒョン主演『MINE』はどんなドラマなのか?

『ウ・ヨンウ弁護士は天才肌』のカン・ギヨンを堪能するなら『十八の瞬間』もお勧め!

コラム提供:ロコレ

http://syukakusha.com/

2022.08.10

blank