俳優ソンフン側、物議を醸した番組での態度について謝罪「面白くしようとして度が過ぎた」

韓国俳優ソンフン側が、番組での態度で物議を醸したことに対して謝罪した。

ソンフンの所属事務所Stallionエンターテインメントは10日、「面白くしようとして度が過ぎた部分があったようだ。視聴者の方に不快な思いをさせたならお詫びしたい。今後はもう少し細かく注意する」と謝罪した。

ソンフンは、8日に放送されたtvNのバラエティー番組「行列のできる食堂」にゲスト出演し、態度や不衛生さで物議を醸した。

本番組は、MCのパク・ナレと大食いYouTuber“小食のヘンニム”が人気店に並んで食事をするという番組だ。

しかしソンフンは本当に並ぶとは思っていなかったのか「本当に入店できるまでずっとカメラを回してるの?」と不満そうな反応を見せ、パク・ナレをつかんで「来て」と苛立ちを見せたりもした。

パク・ナレが「並ぶタイプではないのね」と理解を示そうとすると、ソンフンは「僕は並べない。人気店に行くスタイルでもなく、数人並んでいたらすぐに違う店に行く」と答えた。パク・ナレは「ソンフンのお店を選ぶ一番大きな基準は、今すぐ食べれるかだ。だから私が並ぶと言わなかった」と打ち明けてかばい、並ぶ時間が長くなるとソンフンの様子を伺いながら謝った。するとソンフンは「他の店に行こう」と言って、並ぶことに対して不満な様子を見せ続けた。

(2ページに続く)

2022.08.10

blank