J-HOPE(BTS)、米「ロラパルーザ」初ソロステージ…主要海外メディアも大絶賛!「BTSの新しい時代を切り開いた」

グループBTS(防弾少年団)メンバーのJ-HOPEのソロ活動に対する評価が絶賛で溢れた。

英音楽マガジンNMEはJ-HOPEの「ロラパルーザ」公演を、「J-HOPEは歴史的なヘッドラインセットを披露した真のソロアーティスト」と絶賛し、公演評価に5点満点を与えた。

NMEは「J-HOPEの公演は勝利の帰還と同時に新しい始まりを思い出させた」として、「J-HOPEは1人で立ったステージで真の偉大さが何かを証明した」と評価した。

米国の音楽メディアConse quence of Soundは、J-HOPEの「ロラパルーザ」のステージが「BTSの新しい時代を切り開いた」とし、「J-HOPEの公演は、音楽の歴史書で際立つ1ページを飾ることができるだろう。J-HOPEは『ロラパルーザ』のステージに上がったどんなパフォーマーより舞台の上で最もアクティブに舞台を駆け回り、声も完璧だった。 彼はシカゴ現地で、ライブストリーミングを通じて7人(BTS)のうちの1人ではなくの、1人として何かを見せてくれた」と絶賛した。

米国現地日刊紙Chicago Sun - TimesもJ-HOPEの「ロラパルーザ」でのステージについて「J-HOPEが一人でも舞台を指揮できることを立証した。 J-HOPEはボーカルとダンスで観衆を魅了した。 J-HOPEは『ロラパルーザ』の公演を通じて歴史を作っただけでなく、将来のための準備ができていることも証明した」と評価した。

米国音楽専門メディアビルボードはJ-HOPEの「ロラパルーザ」公演の名場面10個を挙げ「観客はJ-HOPEの感動的なステージ上の姿とヒップホップに対する尊重、彼の考えが反映された社会的メッセージ、謙虚さなどを見ることができた」と伝えた。

他にも米国週刊誌People Magazine、米国音楽マガジンローリングストーン、NewYork MagazineなどがJ-HOPEの「ロラパルーザ」公演を大きく取り上げ、好評を継続させた。

一方、J-HOPEは先月31日(現地時間)、米シカゴで開かれた「ロラパルーザ」のメインステージヘッドライナーとして約1時間で全18曲を熱唱し、4日に帰国した。

関連記事

2022.08.05

blank