<トレンドブログ>「2PM」テギョンXハ・ソクジンX「Apink」チョン・ウンジ、陪審員の中の真犯人は誰か?…ドラマ「ブラインド」2次ティーザー映像を公開(動画あり)


「2PM」のテギョン、ハ・ソクジン、「Apink」のチョン・ウンジが、平凡な市民の仮面を被った加害者探しに乗り出します。

9月16日に韓国で初放送されるtvNの新金土ドラマ「ブラインド」が、皆に背を向けられた真実を暴くための裁判の序幕を開ける第2次ティーザー映像を公開して好奇心を高めています。

公開された映像は、修羅場になった現場を捜索する強力班の刑事リュ・ソンジュン(テギョン)の姿とともに、誰かの荒い息で事件の始まりを知らせます。

事件の真実を明らかにするため、国民参加裁判を開いて陪審員たちを集めるが、ベテラン刑事リュ・ソンジュンの感覚は、なぜか彼らに向かいます。

「何かおかしい、あの陪審員たち」というリュ・ソンジュンの意味深長な推論に続き、国民参加裁判に集まった陪審員たちの姿が目を引きます。

社会福祉士のチョ・ウンギ(チョン・ウンジ)をはじめ、平凡に見える9人の陪審員のうち、リュ・ソンジュンが疑った怪しい人物は誰なのでしょうか。

リュ・ソンジュンの兄リュ・ソンフン(ハ・ソクジン)も「裁判に責任をとる」と言いながら、法廷に隠れた真犯人を探すために感性を尖らせます。

「犯人はその中にいる」という弟リュ・ソンジュンの確信通り、真犯人が本当に陪審員たちの間に隠れているのか、裁判の顛末に注目が集まっています。

さらにティーザー映像の所々に隠れている怪しい状況が、好奇心を刺激します。 血だらけになった被害者を真っ直ぐに見つめるような陪審員チョ・ウンギから、まるでターゲットを決めるように写真を差し込む黒い手まで、意味慎重な手がかりが危険な想像力をかきたてます。

さらに「9人の陪審員、その中に怪物がいる」というフレーズが、緊張感を高めます。果たして平凡な市民の仮面を被って法廷に隠れた怪物の正体は何か、好奇心を高めています。

WOW!Korea提供
韓国の最新トレンドを紹介するブログ | コリトピ

2022.08.03

blank