BTOBミンヒョク、見事なチョコレート腹筋を披露 “アイドルで屈指の筋肉ボディ”


BTOBのミンヒョクが自身のボディに対する自信をアピールした。

ミンヒョクのグラビアがマガジン「COSMOPOLITAN」を通じて公開された。

今回のグラビアで、見事な筋肉と優越なボディーを披露したミンヒョクは「アイドルで屈指の筋肉ボディ」とし、「トレーナーの先生から大会出場を勧められた」と笑った。

「Work、Hustle、Play」3つの単語で自分を紹介できるというミンヒョクは、「家、スケジュール、運動、作業」のサイクルを繰り返す充実した人生について話し、「11年目ですが、依然としてもっと高く上りたいです。僕は自分自身の才能を証明したくて自分に鞭を打って磨くタイプです。見せて証明するためには一生懸命生きるしかないですね。休暇もトレーナーと一緒に運動するほどです」と話した。

ミンヒョクは、ソロアーティストとしてアイデンティティを確立するまで熾烈に過ごした時間について告白した。「僕は関心を受けて愛されることが好きですが、そうできなかった時は大変でした。 BTOBが知られるようになるまで長くかかりました。チームとして愛され始めた後も自らのアイデンティティについて疑問が生じました。チームの中で僕の役割は何だろうか。BTOBは僕の最大の誇りですが、僕自身を証明できる窓口にはなれなったんです」と話した。しかし、彼はそれが薬になったと言い、「無視されることが嫌いです。無能だというコメントにも刺激されました。『覚えていろ、どれくらいかかるかわからないが、必ず見せてやる』と切歯腐心したんです」と続けた。

最後にデビュー10周年を迎えたアイドルとして、ミンヒョクは謙遜の重要性を重ねて強調した。「新人の時は、『自分の能力だけではここまで来ることができない』ということがわかりません。 結局経験してみなければわかりません。愛されている時は皆訪ねてきてくれますが、下り坂の時は僕の周りにどのくらいの人が残るでしょうか。傲慢な人の側には誰も残りません」と自らの所信について語った。

一方、ミンヒョクは2thソロアルバムの活動を盛況裏に終え、30日に初の単独コンサートを控えている。

2022.07.28

blank