「犯罪都市3」クランクイン…マ・ドンソク「面白い映画で恩返しする」


大韓民国を代表する犯罪アクションシリーズ映画「犯罪都市3」が、マ・ドンソク、イ・ジュンヒョク、青木崇高、イ・ボムス、キム・ミンジェ、チョン・ソクホ、ゴ・ギュピルら、キャスティングを確定して撮影を開始した

18禁映画の歴代興業成績トップ3を記録した「犯罪都市」(2017)、1260万観客で大ヒットとなった「犯罪都市2」(2022)に続いて、「犯罪都市3」が去る20日に電撃クランクインした。制作確定のニュースだけで話題を集めた「犯罪都市3」は、前2編の興行を導いた俳優マ・ドンソクとイ・サンヨン監督が再びタッグを組み、ここに"3代目ヴィラン"イ・ジョンヒョクと青木崇高をはじめ、イ・ボムス、キム・ミンジェ、チョン・ソクホ、ゴ・ギュピルなどが新たに合流し、さらに強力になった「犯罪都市」シリーズの誕生を予告する。

映画「犯罪都市3」は、広域捜査隊に異動した怪物刑事マ・ソクト(マ・ドンソク扮)が、新しいチームと繰り広げる犯罪掃討作戦を描く作品だ。名実共に大韓民国を代表するヒーローに定着した俳優マ・ドンソクが、怪物刑事マ・ソクトとして帰ってくる。広域捜査隊に異動したマ・ソクトはさらにアップグレードした一撃アクションはもちろん、新しいチームと共に迫力あふれる痛快なアクションを再び披露する予定だ。マ・ソクトと熱い対決を繰り広げる"3代目ヴィラン"チュ・ソンチョル役は俳優イ・ジュンヒョクが引き受けた。早くも鍛え上げられた姿を公開し、強烈な変身を予告したイ・ジュンヒョクは、ユン・ゲサン(犯罪都市)、ソン・ソック(犯罪都市2)に続き、これまでのヴィラン役の系譜を立派に引き継ぐと期待されている。ヤクザのリキ役には日本の俳優青木崇高がキャスティングされ、さらに大きくなったスケールを予感させる。

怪物刑事マ・ソクトと新たなチームを作る広域捜査隊刑事には俳優イ・ボムス、キム・ミンジェが合流する。イ・ボムスは広域捜査隊班長チャン・テスに、キム・ミンジェはマ・ソクトの心強い右腕キム・マンジェに扮し、格別なケミを発散する予定だ。誰もが認める名脇役チョン・ソクホ、ゴ・ギュピョルも出演を確定した。2人はそれぞれマ・ソクトの意外な助力者になるキム・ヤンホ役、チョ・ロンイ役を引き受け、物語に活力を吹き込むとみられる。

イ・サンヨン監督は「『犯罪都市3』で再びあいさつできてうれしくて光栄だ。マ・ドンソクを筆頭に新たに合流したイ・ジュンヒョク、青木崇高らとの作業がとても楽しみだ。俳優やスタッフたちと共に心を込めておもしろい作品を作る」と並々ならぬ抱負と覚悟を明らかにした。マ・ドンソクは「『犯罪都市3』がついにクランクインした。たくさんの方々が期待しているだけに、面白い映画で恩返しする。『犯罪都市』シリーズに関心と愛をお願いする」とし、イ・ジュンヒョクは「すばらしい俳優、監督、スタッフの方々と共に『犯罪都市3』を作ることになって本当にうれしいしドキドキする。これからが始まりだが、最後までみんなケガすることなく無事に締めくくりたい。一生懸命撮影して良い映画でごあいさつする」とクランクインの感想を伝えた。

大韓民国を代表する犯罪アクションシリーズ「犯罪都市3」は、20日にクランクインした。

WOW!Korea提供

2022.07.25

blank