【ドラマがいいね!】『二十五、二十一』総力特集「第7回・セリフがない二分半」

韓国tvNで放送されている『二十五、二十一』は、3月27日の放送によって第14話が終わり、いよいよ残りは2話となった。その第14話では、終盤に「セリフがない二分半」の印象的な場面があった。

画像提供=tvN

映像が雄弁に語る
キム・ジヨンが演じるコ・ユリムは家庭の経済問題のために国籍をロシアに変更することになった。
そのことをペク・イジン(ナム・ジュヒョク)は真っ先に報道した。記者としての自分の本分を全うした結果だった。
しかし、大事な人を傷つけた事実に苦しむ。帰り道のバスの中で人々がコ・ユリムを非難する声を聞いたペク・イジン。街角のコ・ユリムのポスターも無惨にはがされて捨てられていた。
極端に落ち込むペク・イジンは「思い出のトンネル」に来る。壁に落書きがあって、「コ・ユリム、売国奴」という文字が見えている。
ペク・イジンは泣き崩れてしまう。
そこに、ナ・ヒド(キム・テリ)が現れる。彼女はジッとペク・イジンを見ている。手にしているのは、落書きを消すための道具だ。それを持ったままナ・ヒドはペク・イジンの前にずっと立っていた。

彼が身近な人を傷つけた事実は変わらない。しかし、ナ・ヒドは声で非難するわけではない。ただペク・イジンを見ていたのだ。
この場面では二分半の間にセリフがなかった。しかし、映像がセリフよりも雄弁に2人の対照的な姿を物語っていた。
本当に記憶に残る「二分半」だった。

文=康 熙奉(カン・ヒボン)

コラム:ロコレ提供http://syukakusha.com/

『二十五、二十一』総力特集「第1回/最後の5分」

『二十五、二十一』総力特集「第2回/ハラボジの応援」

『二十五、二十一』総力特集「第6回・永遠の夏」

2022.07.16

blank