≪韓国ドラマREVIEW≫「結婚作詞 離婚作曲3」16話あらすじと撮影秘話…クランクアップを迎える俳優陣、メインキャストからの挨拶=撮影裏話・あらすじ(動画あり)


※あらすじ・ネタバレになる内容が含まれています。

youtube動画:「結婚作詞 離婚作曲3」メイキング(動画6:04から最後まで。)

今回は、メインキャストたちのインタビューをお届けする。

チ・ヨンサン:みなさん、こんにちは。シン・ユシン役のチ・ヨンサンです。今日最後の撮影が終わったんですが、楽しんでいただけたでしょうか。みなさまのおかげで、楽しんで無事撮影を終えることができました。シーズン3最後までご覧いただきありがとうございました。とても楽しく幸せな時間でした。

パク・チュミ:いつも最後のこの瞬間が変な気分になりますね。始まりがあれば終わりもありますから、1年半かけてシーズン3までやってきました。いつも楽しみにしていただいたみなさま、ありがとうございました。みなさまの応援が大きな支えになりました。長い時間みなさまと過ごせて楽しかったです。みなさまの人生に幸せがたくさん訪れますよう、祈っています。

チョン・ノミン:パク・ヘリュン役のチョン・ノミンです。シーズン3まで1年半の長丁場でしたが、ついにおわってしまいましたね。多くの反響をいただき、良い結果になったと思います。ヘリュンはよい男ではなかったですが、たくさんの応援をいただきまして幸せに感じております。ありがとうございました。

イ・ガリョン:シーズン1から3まで多くのみなさんの反響をいただいて、今日最後の撮影日を迎えました。ご視聴いただき、本当にありがとうございました。ヘリョンへの批判も愛情も慰めもいただき、楽しく幸せな時間でした。今後私、イ・ガリョンも頑張りますので忘れないでくださいね。ありがとうございました。

●韓国ネットユーザーの反応●

「楽しんで見ていました」
「人生の生き方がいろいろあることを感じるドラマ」
「大人のドラマだった」
「現代の生き方を反映している」
「女性の人生がいろいろ詰まっていた」

●あらすじ●

TV CHOSUNドラマ「結婚作詞 離婚作曲3」16話(視聴率10.4%)では、バン(ムン・ソンホ)が父親(ハン・ジンヒ)に寂しい気持ちを爆発させる様子が描かれた。

バンは父親にシウン(チョン・スギョン)と一緒に出ていくとし、ピヨン(パク・チュミ)ばかり優しく接しているのが寂しいと言った。

バンは「宝石の付いた指輪をあげているのも見た。そんなことをするなら、どうして私たちまで一緒に住めと言ったんだ。またこんなふうに傷つけるなら、私たちは他のところで暮らすから、思い切りかわいがってやって」と言った。

すると父親は「寂しい気持ちは理解するが、私も言いたいことがある。言わないようにしようと思ったけど、ピヨンのお腹に子どもがいる」と言うと、バンは驚いた。父親は「それとあの指輪はドンマ(プ・ベ)の母親が残したものだから渡したんだ。それをシウンにあげても、お前が良く思わないだろ」と説明した。

バンは「知らなかった。軽率だった」と素直に謝った。

WOW!Korea提供

2022.07.05

blank