「HIGHLIGHT」ヤン・ヨソプ、ファンたちに謝罪、なぜ?…「相対的剥奪感を感じさせて申し訳ない」


グループHIGHLIGHTメンバーのヤン・ヨソプがファンに公開謝罪した。

30日、ヤン・ヨソプは自身のインスタグラムストーリーを通じて相対的剥奪感を感じるよう申し訳ないと謝罪文を載せた。

ヤン・ヨソプは「昨日夕方、多くの方々がいらっしゃるオープンチャットルームを歩き回りながら、それなりのコミュニケーションをとろうとした」と話を切り出した。

ヤン・ヨソプは「その過程で直接少数人員だけが参加できるチャットルームを作ったことや、特定チャットルームでの私の行動が誰かに相対的剥奪感を感じさせた」と自身のミスを認めた。

続けて彼は「常に多数の人員がいるところで、私だけが一方的なコミュニケーションをしていたような行動だったが、何らかの意図があった誰かにそのような気持ちを感じさせた私の行動の問題と私の考えがあまりにも足りなかったことを時間が経って初めて知った」と頭を下げた。

また「そして今になって撮影を終えて急いで文を載せることになった」と付け加えた。

それと共に「今回のことで色々な感情を感じて気分を害した多くの方々に申し訳ない。 これからもっと慎重に深く考えて行動する」と改めて心から謝罪を伝えた。

先立ってヤン・ヨソプは一部の人員だけが参加できるチャットルームを直接開設してファンと疎通し、これに対し一部のファンは特定人員と親睦をするのではないかという疑惑を提起したりもした。

一方、ヤン・ヨソプはメンバーのソン・ドンウンとKBSNウェブバラエティ「何でもデリバリー2」に出演中だ。

2022.07.01

blank