韓国ドラマが6年ぶりに中国で放送開始…「韓流禁止令」がついに解除か?


韓国の女優イ・ヨンエが出演したドラマ「師任堂(サイムダン)、色の日記」(以下「師任堂」)が6年ぶりに中国で放送され、「限韓令」(韓流禁止令)が解除されたのではないかと話題になっている。

同ドラマの制作会社グループ・エイトの関係者は「ドラマ制作時に中国側と協力していた」とし、「今回の放送はその延長線上」と説明する。

この関係者は「ドラマ制作時、韓国と中国での同時放送を計画していたが、当時の状況のため韓国内のみでの放送となった」とし、「昨日(4日)放送するという話は聞いており、最近になって契約書を改めて交わしたところだ」と述べた。。

在中国韓国大使館によると、湖南メディアグループ傘下の湖南娯楽が4日から「師任堂」中国語吹替版の放送を開始。湖南省のオンライン・プラットフォーム「マンゴーTV」にもアップロードされているという。

韓国のコンテンツは、中国で「限韓令」が出されたとされる6年前から、中国で一度も公開されてこなかった。しかし、最近になって映画「オ!ムニ」が放送され、今回「師任堂」の放送も実現したことで「限韓令」が解除されるのかどうか注目されている。

これについて、ある業界関係者は「『師任堂』の場合は過去に制作されたドラマであり、中国での同時放送を目標としていたため(中国側の)審査を通過していた。そのため、『限韓令』解除の可能性に過度の期待はできないが、それでも以前とは違う中国側の雰囲気が感じられる」とし、「ただ、今すぐに状況が変わるということは期待しづらい」と話している。

WOW!Korea提供

2022.01.05

blank