「取材レポ」コン・ユ「本当に“キス王子”なのかは実際にしてみないと…」発言でファンをメロメロに!

1024コン・ユファンミーティング6

 

ラブコメからシリアスな作品まで幅広い役をこなす演技派俳優コン・ユが、およそ2年ぶりとなる10月24日(木)に東京・国際フォーラムホールAにてファンミーティング「GONG YOO Premium Night 2013」を開催した。

ダンスパフォーマンスと共にコン・ユが登場すると、再会を待ちわびたファンが青いペンライトを激しく揺らして大きく歓迎。

「単独でのファンミーティングは2年ぶりなので、本当に皆さんに会いたかったです。記念に写真を撮ってからスタートしましょう!」というコン・ユの合図で始まったフォトタイムでファンミーティングの幕が上がった。

今回のテーマは「Gong Yoo CASINO」。オーナーのコン・ユが素敵なカジノの世界に誘いはじめる。まずは「Gong Yoo’s BAR」でカクテルの腕前を披露。グレープフルーツ、パイン、ピーチのジュースに秘密のものをプラスしてシェイクし始めると…なぜか客席から笑い声が。「ここは笑うところじゃないんだけどな」と不思議そうに客席を見つめながら、シェーカーを振り続け、ファンクラブ“With YOO”のオフィシャルカラーである青にちなんだブルーのノンアルコールカクテル“With YOO”が完成。注がれたグラスが美しいライトブルーに染まると、今度は「お~っ」と驚きの歓声が沸き、コン・ユもうれしそうな表情を見せた。

1024コン・ユファンミーティング4

ここで抽選会が行なわれ、コン・ユがその場で当選者に電話をかけてお知らせ。「早く会いたいな」「待ってるよ」とコン・ユから日本語のメッセージを受けた当選者5名がステージに上がった。ウェルカムドリンクとしてカクテルがもてなされた後、ディーラーに扮したコン・ユがカードを配り、ブラックジャック対決。見事「21」を獲得した2名に“お姫様抱っこ”と“ツーショット写真”をプレゼントした。また参加賞として5名にはコン・ユがその場でカードに名前入りのサインを書いて手渡し、ファンを喜ばせた。

 

そしてカジノゲームの定番ルーレットのコーナーへ。客席をA~Jのブロックに分け、ルーレットで選ばれたブロックの全席にサイン入りフォトカードをプレゼントするという太っ腹な企画に、客席からの悲鳴にも似た大きな歓声で会場が沸いた。さらに選ばれたブロックのファンたちとコン・ユでジャンケン対決。勝ち残った2名には、愛用したジャージと釜山国際映画祭で特別号として発刊された雑誌がプレゼントされた。

 

するとここでドラマ「ビッグ~愛は奇跡<ミラクル>」の挿入歌「ノラソ」を披露。「この歌は難しいので避けたかったんですが、この歌の韓国語ver.を聞きたいという方がたくさんいらっしゃると伺ったので、歌ってみました」と選曲理由を明かすと、会場から大きな拍手が送られた。

1024コン・ユファンミーティング3

ここで事前に寄せられたファンからの質問コーナーへ。

 

「『これだから俳優はやめられない!』と感じる瞬間は?」という質問に対し、コン・ユは、「僕の性格からすると、俳優や芸能人という職業は向いてないと思います。演技以外のことでも気を使わなければならないことが多くて窮屈に感じるからです。僕も人間なので時にはイヤになることもあります。でもカメラの前に立った時、カメラが回っているという合図のランプを見るとゾクッとすることがあり、またカメラの前に立ちたいという気持ちになります。そして…皆さんです!」と会場を見渡してニッコリ。「僕がつらい思いをしていたり、時にはイヤになったりしても、変わらずに応援し続けてくださる皆さんのことを考えると、がんばらなきゃ!と思います。ありがとうございます。感動していただけるような演技で応えていきます」と正直な思いを語ると、観客は包み込むような温かい拍手を送った。

 1024コン・ユファンミーティング2

「キスシーンの時は何を考えていますか?」という質問が出ると、司会者から「“元祖キス王子”として日本でも有名ですよね」と一言。照れ笑いするコン・ユは「ドラマや映画では美しく見えるようにカメラが撮ってくれています。僕が本当に“キス王子”であるかどうかは実際にキスをしてみないと分からないですよね。いつか機会があればぜひ…まあそんな機会はなかなかないかもしれませんが(笑)」とドキドキさせる答えに、ファンも大興奮。さらに照れまくるコン・ユは「これからも一生懸命キスします!」と大胆宣言し、ファンはこの日一番の歓声で応えた。

 

「愛猫“コンコン”との出会いは?」という質問が読み上げられると、ステージ中央のスクリーンには真っ白な猫の“コンコン”の写真が。それを見たコン・ユはすぐに「今回の来日のために、友人の所に預けているので、ちょうど会いたいと思っていたところなんです」と目を細めた。「2年前に友人からプレゼントされたんですが、その時から“同棲”しています(笑)時には娘のように、時には恋人のように思いながら一緒に暮らしています。実はもう1匹“マウ”という子猫がいるんですが…こちらは次の機会に紹介しますね」とうれしそうに語った後「実は両親から『猫なんて育ててないで、早く結婚して自分の子供を育てなさい』といつも言われているんです」と結婚を急かされていることを明かし、ファンは複雑な表情に。司会者がファンの気持ちを汲んで「いいえ、このままずっとたくさんの猫を大事に育ててください」と話すと、コン・ユは「皆さん、そう思っているんですか?」と驚いて見せた。

 1024コン・ユファンミーティング5

「映画の撮影で印象に残った出来事は?」という質問には、「今作はスケールの大きなアクション映画です。今までお見せしたことのない新しい姿がつまっています。香港やプエルトリコなどを回り9ヶ月かけて撮影しました。右手のじん帯をケガしたりして本当に大変でしたが、ご覧いただけば僕がどれだけ頑張ったか分かってもらえるかと思います」と、韓国で12月に公開される映画『容疑者』(原題)の話題に。

「まだ韓国でも見せていない、世界初公開の映像を皆さんのために準備しました」とコン・ユが説明し、メイキング映像を鑑賞。激しい格闘やワイヤーアクションの練習風景に、客席から驚きと心配の声がもれた。「韓国の俳優の中でも実際に漢江(ハンガン)に飛び込んだ人は僕ぐらいじゃないですかね」とワイヤーにつられ漢江(ハンガン)に飛び込むシーンについて秘話を明かした。「最初に室内で練習してから現場に向かったのですが、水面からの高さが20m以上あるので、すごく怖くて飛び込めなかったんです。でも僕がやらなければ撮影は進まないし、スタントに任せるわけにもいかなかったので、勇気を出して頑張りました。

全部で12回ほど飛び込みました」と爽やかな笑顔を見せ、「大きなケガをすることなく無事に撮影を終えられたので、今こうして皆さんの前に立っています。日本でも公開されると思いますので、ぜひ楽しみにしていてください」と自信あふれる表情でアピールした。

 

「以前は大きな会場でファンミーティングをしましたが、今回はそれより少し小さな規模の会場なので、むしろ皆さんと近い距離で顔を見合わせて一緒に呼吸している気持ちになれて、とても幸せな時間でした。台風の影響で天候が悪い中、集まってくださって本当にありがとうございました」と丁寧にあいさつすると、ライブに突入。「その時は知らなかった」を熱唱しステージを後にすると、場内はすぐにアンコールが響いた。

 1024コン・ユファンミーティング1

 

すると1階下手側の扉からコン・ユがサプライズ登場。「最後に、皆さんが楽しい気持ちでお帰りになれるよう、楽しい歌を準備しました。これから“キム・ジョンウク”を探しに行きましょう!」とコメントすると軽快なリズムが流れ、映画「あなたの初恋探します」のエンディング曲「二番目の初恋」を歌うと、会場はオールスタンディングでノリノリに。「サランヘ(=愛してるよ)」と叫んで何度も手を振りながら、ファンミーティングの幕が下りた。

 

 

誠実で温かい人柄が十分に感じられ、幸せいっぱいの2時間30分となった。既に幅広い役柄を見事にこなし、様々な姿を見せてきたコン・ユ。新作「容疑者」(原題)ではさらに新しい姿が見られるということなので、こちらもぜひとも期待したい。

 

コン・ユ ジャパンオフィシャルファンクラブ: http://gong-yoo.jp/index.html

2013.10.26

blank