イ・ジョンソク、“社会服務なのに毎回訓練に参加”…訓練所同期が伝えた美談

俳優イ・ジョンソクの訓練所同期が直接明らかにしたイ・ジョンソクの軍生活に対する文が話題だ。
6日、あるオンラインコミュニティには「俳優イ・ジョンソクと同じ論山(ノンサン)中隊だった」というタイトルの長い文が掲載された。
執筆者は「論山に入ったら、イ・ジョンソクと同じ中隊で4週間ほぼ毎日会った」として「3日ぐらいすると中隊に噂が広がっていて、2週間過ぎると私たちの連帯にも噂が広がった。イケメンで背も高くて、子供のころサッカーもしなかったのかと思うほど肌も白かった。本当にイケメンだった」と回想した。


続いて「イ・ジョンソクの分隊がトイレ掃除だったが、私たちがトイレ前の生活館だったので、イ・ジョンソクがトイレ掃除をするのが直接見えた」とし、「便器が詰まって、イ・ジョンソクが突然私たちの分隊の2人を呼んで解決できるかと頼んだ」と話した。
また「私たちの分隊長があらかじめイ・ジョンソクと接触してPXで買ったお菓子を渡しながら最後の週にサインをもらいたいと言った。そして修了の2日前に2人ずつイ・ジョンソクの生活館に行ってサインをもらったが、後で行ったら中隊はほぼ全員もらった」とも話した。


執筆者は「イ・ジョンソクは公益なのに訓練を抜けないで各個と行軍までやっていた。イ・ジョンソクについてはなにも考えてなかったが、とても印象が良くなった」として「イ・ジョンソクさま、25連隊8中隊時代を忘れずにファイトです」と文を終えた。
イ・ジョンソクは、2019年3月8日から社会服務要員として代替服務をした。彼は1月2日の招集解除後、「魔女2」と「デシベル」の撮影を終えた。tvN新ドラマ「ビッグマウス」の撮影中だ。

2021.12.07

blank