「取材レポ」INI、TikTokで話題の「KILLING PART」をファンの前で初披露!「INI デビューシングル『A』デビューショーイベント」開催


「PRODUCE 101 JAPAN SEASON2」から誕生したグローバルボーイズグループINI(アイエヌアイ)。
11月3日に発売されたデビューシングル『A』は、オリコン週間ランキング1位を獲得し、大きな注目を集めている。デビューシングル『A』初回プレス分に封入されているシリアルナンバーで応募できる特典イベントに見事当選したファン100名を招待して、12月6日(月)に「INI デビューシングル『A』デビューショーイベント」を東京・恵比寿The Garden Hallで開催した。

午後6時30分、ステージが暗転し、INIのメンバーが登場。デビュー曲「Rocketeer」のイントロとともに、会場に集まったMINI(INIファンの愛称)の熱気も高まっていく。「Rocketeer」は、中毒性のあるビートと力強いパフォーマンスが魅力のナンバー。彼らの歌やダンスに対する熱い想いが伝わってくる1曲に仕上がっている。

1曲目が終わり、ステージが明るくなると、メンバーは口々に「近いね!」、「100人だけの会場って緊張感がすごい!」と、MINIとの距離の近さに大興奮。まずはリーダーの木村柾哉から「本日はINIのデビューショーケースにお越しいただき、そして配信を見てくださりありがとうございます!1曲目からエンジン全開でやったんですけど、最後までぜひ盛り上がってください!」と、挨拶。

最年少の松田迅は、「2021年最後の有観客ライブ、しかもデビューショーは今日が最初で最後なので、本当に特別な日だと思います。今日は月曜日で、明日また仕事とかあると思うけど、それを跳ねのけちゃうくらい楽しみましょう!」と、笑顔を見せた。自己紹介が終わっても、なかなか緊張が解けないメンバーを見て、尾崎匠海から「ちょっと皆さん!力抜きましょう!」と提案。全員で腕をぶらぶらさせて、緊張をほぐす場面も。

話題は、11月に行われた1stファンミーティングについて。「夢に見た景色が目の前に広がっていて、衝撃がすごかった」と、感慨深い表情をみせる松田。さらに、ファンミーティングの映像がDVD&Blu-rayになって発売されることを尾崎が発表すると、メンバーもファンも大喜び。すると、リーダーの木村が「実はそれ、ファンミーティングの4公演目に僕が言わなきゃいけなかったのにすっぽかしたやつ」と、まさかの暴露。「え、じゃあ、僕は今日それを代わりに言わされたの?」と、すかさず尾崎がツッコみ、会場は笑いに包まれた。

(2ページに続く)

2021.12.06

blank